ニュース

creating new values

ニュース

2017年6月16日


学校教育と、災害時の情報連絡を同時にICT化!
助成金の活用で、「みらいスクールステーション」がお求めやすくなります!
~富士ソフト株式会社と安川情報システム株式会社が業務連携を開始~

 富士ソフト株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:坂下 智保)は、総合教育ソリューション「みらいスクールステーション」を、安川情報システム株式会社(本社:北九州市八幡西区、代表取締役社長:諸星 俊男)の提供する無線ネットワークアクセス管理装置「NetSHAKER W-NAC」と連携いたします。

 総務省は、2017年度から2019年度までの3カ年における国庫補助事業として「防災等に資するWi‐Fi環境の整備計画」を公表しました。災害時に防災拠点となりうる小学校および中学校などの教育機関においても、Wi‐Fi環境の整備が推進されています。
 「みらいスクールステーション」は、Wi-Fi環境や有線LAN環境などを使用して教室内に配置したメディアボックスに校内サーバからデジタル教材などのコンテンツを配信する機能を持つ総合教育ソリューションです。今回の連携により、「NetSHAKER W-NAC」を校内サーバとして利用できるようになり、専用サーバがなくても授業で利用するコンテンツを配信することが可能となりました。「NetSHAKER W-NAC」の導入校は、メディアボックスを追加設置するだけで「みらいスクールステーション」が利用できます。また新規導入をご検討の場合は、防災等に資するWi‐Fi環境整備の助成金を活用することで導入コストを軽減できます。

 「NetSHAKER W-NAC」の防災拠点機能(2017年7月から提供予定)は、災害時にWi-Fi解放レベルを簡単なボタン操作で設定変更できるもので、「みらいスクールステーション」の電子掲示板機能や校内ライブ放送機能を活用することで大画面テレビへの安否情報や避難生活に関する情報を表示できます。
 平常時のセキュアな学校教育支援の基盤として、災害時の情報活用の基盤として活用いただけます。

 富士ソフトは、「みらいスクールステーション」で21世紀を生きる子どもたちの学びにふさわしい環境を提供するとともに、学校における防災拠点の情報活用支援にも取り組んで参ります。



【製品概要】
●みらいスクールステーション URL:https://www.mirai-school.jp/
教室の電子黒板やテレビ・プロジェクターの活用の幅を広げ、子供たちの学びの環境に便利と豊かさを提供する総合教育ICTソリューションです。

●NetSHAKER W-NAC URL:http://www.ysknet.co.jp/product/type/appliance/nsk_dots/index.html
学校向け“無線ネットワークアクセス管理装置”で手軽にセキュアで安定した環境を実現し、校内の無線ネットワークをあらゆるリスクから守るNAC装置です。




【安川情報システム株式会社】 URL:http://www.ysknet.co.jp/ 

安川情報システムは、1978年の創業以来、制御システム、IoT分野で成長してきました。現在もAI、セキュリティ、ビッグデータをミックスし、他社を凌駕する技術を確立しています。


安川情報システム株式会社 理事 技術開発本部長 宮河 秀和様 より以下のコメントを頂戴しました。

 「教育事業分野に貢献している富士ソフト社と提携できたことを光栄に思います。1998年に発売を開始した無線ネットワークアクセス管理装置「NetSHAKER」は現在、学校のセキュリティやネットワークインフラを支える装置になっています。この度の「みらいスクールステーション」との提携により、「NetSHAKER」がデジタル教材の配信基盤として、また有事の際に避難所の情報共有基盤として、これからの学校運営に貢献できることに期待しています。」


以上

※ 「みらいスクールステーション」は、富士ソフトの登録商標です。
※ 記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

この件に関するお問い合わせ


■ニュースリリースについて
コーポレートコミュニケーション部
担当/政木・西元
TEL:050-3000-2735
FAX:03-5209-6085
E-MAIL:mkoho@fsi.co.jp

■製品について
みらいスクールステーションお問い合わせ窓口
TEL:0120-964-529
E-MAIL:support_kyoikuict@fsi.co.jp

FSIニュースリリースフッター

カタログダウンロード お問い合わせ