製品・ソリューション情報

資料請求・お問合せはこちら

FSDTV Middleware slim

地上デジタル放送「専用」デジタルテレビミドルウェア 〜地デジ対応受信機開発をスピードアップ〜
空き
富士ソフトでは、2007年12月にDpaより発表された、「簡易なチューナー」の仕様ガイドラインに沿った、地デジ対応受信機の開発が短期間・低コストで可能となるミドルウエア、『FSDTV Middleware Slim』を開発いたしました。地デジ対応受信機開発のスピードアップを実現し、今後急速に高まる市場ニーズにお応えしてまいります。
 

<製品化の背景>
空き
総務省は2007年11月「デジタル放送推進のための行動計画(第8次)」を発表し、デジタル化を完了するための最終段階に入ったとして確実な普及促進策を促しており、また受信機としてはさらなる廉価化、低価格のチューナー、小型受信機等の多様化した製品の普及を促すために、12月には社団法人地上デジタル放送推進協会(Dpa)と共同で、地デジ「簡易なチューナー」の仕様ガイドラインを発表するなど、安価な受信機器の早期な開発と、販売、普及がさらに求められています。
 

<製品の特長>
空き
『FSDTV Middleware Slim』は、2006年に発売し多数の地デジ放送受信機への搭載実績のある、地デジ放送受信機開発用ミドルウエア『FSDTV Middleware For ARIB』が提供している機能のうち、「簡易なチューナー」ガイドラインに沿った機能に絞り、より低コスト・短期間で地デジ放送受信機開発を可能とするミドルウエアです。
『FSDTV Middleware For ARIB』の特長であった、OSやハードウエア等の端末プラットフォームを選ばずにポーティングが可能な高い汎用性は継承しつつ、ローパワーなLSIでも動作ができるよう独自のチューニングを実施。また、「簡易なチューナー」ガイドラインに沿ったサンプルアプリケーションをご提供することにより、これまでより短期間・低コストで地デジ放送受信機の開発を可能とします。

  また、この『FSDTV Middleware Slim』に、富士ソフトが推奨するLSI・OS・地デジ放送受信機に必要な各種アプリケーションをパッケージ化した『FSDTV Middleware Slim ソリューション』も併せてラインナップ致しました。このソリューションは、ポーティングやアプリケーション開発の必要がないため、さらに短期間・低コストでの新規デジタルテレビの開発や、セットトップボックスの開発が可能です。
 
構成図
 
【販売方法】 直販および販売代理店経由販売
【販売形態】 許諾ライブラリを組み込んだ製品の生産台数に応じた使用料

 

 





カタログダウンロード お問い合わせ