直接モバイルデバイスを管理する
日本初のMDMサービス+F MDM

モバイルルータやUSBタイプの通信端末を遠隔管理する法人向けクラウド型のMDMサービスです。

最新機種「+F FS030W」に対応。今後、順次対応機種を追加予定です。

無料トライアル資料請求
通信制御
デバイスの見える化
セキュリティ強化
死活監視
こんな事例でお困りではないですか?

MVNO事業者様
レンタル事業者様

  • 使いすぎているユーザの通信を制限したい
  • 紛失や盗難された端末の不正利用や情報漏洩が心配

情報システム部門
資産管理部門
ご担当者様

社員にルータを配布しているが、業務外の利用が増えてしまい、通信コストも増加の一途。私的利用を控えて、通信コストを削減したい

IoT/M2M事業者
運用保守部門
管理者様

遠隔地に設置している機器に問題が発生すると、毎回、現地へスタッフを派遣しているが、このコストと労力はなんとか削減したい

+f mdmで解決

ユーザの利用状況をみて、使いすぎのユーザの通信を停止したり、通信速度を変更できます。

通信量規制

リモートからルータをロックしたり、通信を停止できるので、紛失したり盗難されたとしても、不正利用や、接続機器からの情報漏洩を防止できます。

ロック/ロック解除

遠隔で、会社支給のタブレットやPCのみ接続を許可することで会社支給の端末以外の利用を防止できます

MACフィルタリング

深夜や休日の通信を制限することで、私的利用やサービス残業を防止し、通信コストの削減につながります。

速度規制

+F MDMなら、遠隔から機器の死活監視やログを確認できるので、現地にいかなくても問題の切り分けが可能です。
必要なときだけ、現場にスタッフを派遣するので、フィールドサポートのコスト削減につながります。

死活監視

+F MDMとは?

「+F MDM」は、Webブラウザによるユーザコンソールを利用して、お客様自身でデータ通信の休止や再開、通信速度や通信量の制御、遠隔によるデバイス設定の変更や操作、接続機器の死活監視が行うことができ、通信状況の監視や不正利用の防止などのセキュリティの機能も提供いたします。

連携イメージ
  • 社内タブレットのみ通信許可設定を遠隔より制御
  • 紛失時に通信を停止
  • 休憩中はデータ量を制御し、私用利用やサービス残業を抑止
  • 初回接続時は必ずイントラネットを表示
  • データシェアプランで使い過ぎている一部のユーザの速度を制御
  • etc…

+F MDM3つの特徴

自由度の高い通信制御

お客様のニーズにあわせて、お客様自身でデータ通信の休止や再開、通信速度の変更など、自由に通信規制を設定し運用できます。
設定データ量を超過した場合に、通信速度制限や、通信を停止することが可能です。
また、1日に利用できるデータ量を制限することもできます。

通信量制限

企業様の就業時間帯にあわせて、深夜や休日の利用を制限するなど、時間帯による設定も可能で、不正利用やサービス残業を防止することができます。

IoT/M2Mデバイスの運用にあわせて、データ通信を行う夜間は通信速度を上げて、データ通信を行わない昼間は休止させておくような設定も可能なので、通信料金を節約することができます。

時間帯制限

死活監視機能で保守コストの低減

遠隔に設置しているデバイスに問題が発生した場合、そもそも通信ができているのか死活監視したり、本サービスで保管している各種ログを確認することで、問題を切り分けることができ、これまで、遠隔地にある IoT/ M2M デバイスに問題がある度に現地に訪問していたコストと労力低減できます。その他、時間指定の再起動や、ファームウェア更新などを利用してのメンテナンス機能も充実しています。

死活監視

一元管理でデバイスの見える化を実現

デバイスから様々な情報を取得することが可能で、その情報を管理画面に一覧表示させることにより、どのデバイスがどういう状況なのかがリアルタイムに把握できます。また、利用状況の見える化によって、デバイス設定変更や制限を見直され、全国各拠点にあるデバイスの設定が必要になった場合でも、「+F MDM」なら、リモートで一斉に設定を変更することが可能です。

遠隔一括管理

+F MDM機能のご紹介

デバイス管理

+F MDM管理画面より、デバイスの状態がどこからでも管理できます。
ルータがオフラインの場合は、遠隔操作はできません。

デバイス管理
  1. 登録デバイス状態

    ログインユーザが管理するデバイスの総数、MDMサーバと接続中のデバイス数、総通信量、規制中デバイス数を表示

  2. オンライン・オフラインデバイス表示

    接続中のデバイス(オンライン)もしくは、未接続中のデバイス(オフライン)の一覧表示を切替ます 。

  3. デバイス追加・設定・操作

    MDMシステムにデバイスを追加したり、MDMシステムからデバイスを遠隔操作を行います。

  4. デバイス状態表示

    端末の固有番号・通信状態・接続デバイス・各種設定・使用するSIMカードの情報などデバイスの情報を表示します。

遠隔操作

離れた場所から、複数のデバイスを操作できます。

遠隔操作
  • 電源OFF・再起動の操作を遠隔でコントロール

    なお、再起動は設定した時間に行うことができます。


遠隔操作

3種類のデバイスロック機能により端末の操作を制限

  • 操作ロックデバイスのハードウェアボタンの操作ロック
  • 設定ツールロックデバイスの設定ツールへのアクセスをロック
  • 通信ロックデバイスの通信をロック。

    通信ロックを行うと、デバイスはMDM以外通信が制限されます。


遠隔操作
  • デバイスにメッセージを送信

    送信したメッセージはデバイスのLCD上に表示されます。

遠隔設定

デバイス本体の各種設定を遠隔で操作できます。

遠隔設定

MACフィルタリング

遠隔から接続を許可/拒否する機器のMACアドレスを登録できます。
例えば、社内で配布するタブレットを接続許可機器として登録したり、デバイス管理画面の接続デバイス一覧を監視し、私的利用のデバイスを接続拒否登録することも可能です。

遠隔設定

オンラインアップデート

遠隔から、デバイスのオンラインアップデートを行います。

遠隔設定

通信量規制

使用する通信量に対して、3段階の速度規制をMDMから遠隔で制御する機能です。

通信量規制
画面の設定例
  1. 通信量リセット周期:毎日(日々の通信量に応じて速度が規制されます。翌日になると使用通信量がリセットされ規制が解除されます
  2. 使用通信量1GB到達時に、上り下りの通信速度が2Mbps に規制
  3. 使用通信量3GB到達時に、上り下りの通信速度が200Kbps に規制
  4. 使用通信量5GB到達時に、上り下りの通信速度を停止※

MDMサービスとの通信は可能。

速度規制

指定した日時・時刻に上り・下りの通信速度を規制することができます。

通信量規制
  1. 速度規制1:月曜日~金曜日 00:00~09:00の間、通信停止※
  2. 速度規制2:土曜日・日曜日 00:00~00:00の間、通信停止※
  3. 速度規制3:月曜日~金曜日 09:00~18:00の間、上り・下りの通信速度は3Mbps

MDMサービスとの通信は可能。

死活監視

死活監視機能

接続する機器情報の表示と、指定した接続デバイスに対してPingによる死活監視を行います。

通信量統計

指定したデバイスの利用状況を日別・月別・年別で確認できます。
利用状況の監視の他、通信規制の設定変更や、最適な通信プランの検討に利用いただけます。

その他機能一覧

利用状況の確認と改善

通信端末や接続デバイスの情報や利用状況を取得できます。

通信端末の情報表示
遠隔で通信端末の情報を取得します。
通信端末の機器情報(ユーザー名、IMEI、MACアドレス)、電池残量やWi-Fi接続機器数、通信状態、設定内容、使用しているSIMの情報を確認できます。
接続機器の情報表示
遠隔で通信端末に接続されている機器の情報を取得します。
通信されている接続機器名、IPアドレス、MACアドレス、オンライン状態、接続時間、最終接続日時を確認できます。
不正デバイス検出
MDM未登録デバイスや、SIM差替えた場合、不正デバイスとして検出します。

機能の制限・設定も自由自在

通信端末や接続デバイスの制限・設定も、MDMならリモート操作で完結できます。

通信規制
時間帯によって通信を規制したり、使用する通信量に対して、3段階で速度規制を制御します。
遠隔設定
通信端末の各種設定を遠隔で、複数の端末に一括設定できます。
通信端末で設定できるすべての項目が遠隔で設定可能です。
アクセス利用制限
遠隔で許可・禁止アクセスリストによるインターネットアクセス制限を設定できます。
遠隔電源OFF
遠隔から強制的に、通信端末の電源をOFFすることができます。
デバイス利用制限
通信端末への接続機器の通信許可の登録を行い、通信できる端末を制限できます。

万が一の盗難・紛失での情報漏洩防止

もしもの盗難、紛失でも、リモートで通信端末を通信不能にさせることで情報漏洩を防止します。

遠隔設定クリア
MDMから遠隔で通信端末の設定を工場出荷状態に戻し、設定をクリアします。
第三者が勝手に通信手段として利用できなくなるので、接続機器からの重要な業務データの漏えいを防げます。
遠隔ロック
紛失した通信端末の拾得者など、第三者に勝手に利用されないように、遠隔でロックして不正利用を防止します。
メッセージ配信
紛失した通信端末の拾得者に対して、MDMからディスプレイに連絡先を表示させることができます。
位置情報取得
(オプション)
通信端末の位置情報を取得できるので、紛失した通信端末の居場所を特定することが可能です。

機器の保守、メンテナンス

全国各拠点に設置された通信端末や接続機器のメンテナンスも、遠隔でサポートできます。

死活管理
設置された通信端末や通信端末に接続された機器が生きているか確認できます、
時間指定再起動
指定した時間に通信端末を再起動します。定期的に再起動させたい場合ときに便利な機能です。
遠隔メンテナンス
(ファームウェア更新)
設置された通信端末を遠隔でファームウェア更新できます
ログ管理
通信端末のイベント、通信モデム、OSシステムのログを蓄積でき、ログのエクスポートが可能です。
Beacon連動
(オプション)
Beacon連動型の工場などの敷地内での位置管理が可能です。
機能区分 機能区分 概要
基本 端末情報 機器情報 管理ユーザ名、企業名、製品型番、S/N、IMEI、MACアドレス、FWバージョン
サービス 機器状況 電池残量(%, バー)、Wi-Fi接続機器数
通信環境 IPアドレス、DDNS名、LTE/3G、受信感度(RSSI dBm, アンテナ本数)、基地局情報、通信速度、緯度経度
通信状況 通信量(分子/分母)、通信規制状況、規制時動作種別、RedirectURL、タイムスタンプ(MDM登録日時、最終通信時刻)
SIM MCC/MNC、電話番号、IMSI、APN設定名、APN名、User名、PW、認証Type
ログ イベントログ、通信モデムログ、OSシステムログ、ログエクスポート
端末制御 本体制御 電源OFF、死活監視、再起動、ロック、設定保存/復元、Web UI Password変更、工場出荷リセット、RedirectURL設定、ファームウェア更新、MDM報告周期変更、MDM報告停止
通信規制 時間帯規制(無し、時間帯、曜日、月間)、規制時動作(無し、URL Redirect、速度規制、通信規制)
WAN制御 3G/LTEモード切替、APN設定、通信量規制、通信速度規制、通信規制スケジューリング、通信量カウンタリセット
WiFi制御 WiFi ON/OFF、SSID変更、暗号/パスワード変更、接続機器数変更
LAN制御 IPアドレス/DHCP/DNS設定、IP/MACフィルタリング、ポートマッピング、DMZ設定、UPnP設定、VPN設定、DDNS設定、許可/禁止アクセスリスト
タイマー 時間指定動作(電源OFF、再起動、通信カウンタクリア)
USB接続 USBテザリング ON/OFF
メッセージ 送信先選択、メッセージ編集・送信、既読確認
機能区分 機能区分 概要
基本 接続機器 WiFi接続機器表示 機器名、IPアドレス、MACアドレス、オンライン状態、接続時間、最終接続日時
サービス 個別デバイス対応 接続機器電源OFF、死活監視、再起動、ファーム更新、FW更新、ログ取得、タイマータスク※接続機器の個別組み込みが必要になります
システム User管理 ユーザ登録・削除、お客様名登録、機能パーミッション設定、パスワード変更・リセット、有効期限監視、不正ログイン監視、アカウントロック
Device管理 IMEIキーによるDevice登録/削除、不正Device検出(システム未登録、SIM差し替え)
ファームウェア管理 ファームウェアアップロード/削除
System設定機能 LOGO・社名表示設定、表示言語設定(日、英)
データ連携 インポート(端末設定、端末登録情報)、エクスポート(端末設定、端末登録情報、端末ログ)
DDNS 外部連携 外部システム連携 DDNSサービスの提供
オプション
Bluetooth 端末制御 Bluetooth制御 Bluetooth ON/OFF、ペアリング、ビーコン受信開始/周期変更/終了
オプション
GPS 端末制御 GPS機能 GPS連続測位開始/周期変更/終了、単発測位、AGPS設定変更
オプション 端末情報 ログ GPSトラッキングログ
地図連携 地図表示 プロット表示、軌跡表示、ログ連携表示
ストレージ システム DISK増量 基本サービス1台あたり●●●MB→●●●MBに拡大
オプション ログの長期保存向け。

導入事例

顧客ニーズに応じたモバイルルータとの組合わせで民伯物件へインターネット環境を整備

「民泊施設オーナ向けMDMサービス」

民泊施設の設備として、ネットワークサービスを提供。当社モバイルルータとMDMサービスを利用し、使わない時間帯の休止(無駄削減)や端末自体の管理に利用されます。
MDM端末制御機能の充実がポイント
  • 遠隔で電源のOFF、端末再起動
  • パケット利用制御(曜日時間帯等)
  • SSID/暗号/パスワード変更

MDMサービス

mdmサービス
+

端末(+F FS030W)

端末(+F FS030W)
+

回線

回線
管理物件活性化・価値向上
物件とネット環境の一元管理を実現

料金について

初期費用

登録手数料20,000円/1契約
デバイス
キッティング
1,000円/1端末

+F FS030Wで+F MDMをご利用いただくには、当社での初期設定が必要です。

+

基本サービス

月 額500円/1端末
※最低利用期間は6カ月間です。
+

オプションサービス

下記のオプションを任意に選択いただけます。

  • Bluetooth Beacon
  • 位置情報サービス
  • 長期ログ保管

近日提供予定のため、費用の詳細は別途お問合せください。

最低利用期間は6か月間です。

お問い合わせについて

富士ソフト株式会社 お問い合わせ受付窓口

お困りの事や使い方の説明、資料請求など
なんでもお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォームへ