製品・ソリューション情報

その他のソリューション
資料請求・お問合せはこちら

KOFAX(コファックス)

情報をデザインする「知」のソリューション マニュアル制作サービス

データ作成の入り口となるスキャナ・FAX・Eメール・複合機・モバイルなどのマルチチャネルに対応し、取り込んだ文書や帳票などのアナログ情報を正確なデジタルデータに変換することで、お客様・取引先・パートナーとの取引や、取引における帳票類の電子保存業務の省力化ソリューションを実現します。


★グローバルで導入実績25,000社
★キャプチャーソフトウェアのグローバルシェアNo.1*

*出典:Harvey Spencer Associates-October2011

特 長

既存OCRとKOFAXの違い  
 
    既存OCR KOFAX

画像補正・クリーニング

逆さま補正、台形補正など可能
カラー用紙は補正不可

VRSという特許技術あり。
各種補正や文字の滲み、汚れの除去など高機能

>>画像補正により・・・

帳票仕分け

OCR処理前に人手で帳票種類ごとに仕分け

人手による仕分け作業が不要。
OCR処理と同時に帳票データを自動仕分け

>>自動仕分け機能で・・・

帳票

OCR専用帳票が必要

レシートのようなフリーフォーマットの用紙でもOCR可能

データ訂正支援機能

別途データ訂正画面を開発

ノンコーディングでデータ訂正画面を自動生成

マスキング

別途マスキング用のプログラムを開発

ノンコーディングで画像データの任意の項目をマスキング

  ※スキャナーをデータ入力デバイスとする場合、TWAINに対応したスキャナーであればKOFAXの上記機能をご利用いただけます。
 (実際には事前に実機による確認作業を行います)
       
 
 
特許技術 VRS(画像補正) Kofax VRS Elite  
     
 

Kofax VRS Elite は、適切な設定を適用することで、文書を自動的に分析し、高品質のスキャンイメージを作成します。

読み取りが非常に困難なあらゆる文書からノイズを除去し、鮮明なデータを作成することにより、

文字認識 (OCR および ICR) の精度が向上します。

 
     
KOFAX(コファックス) 機能一覧  
     
 

KOFAX(コファックス) のより詳細な機能は「機能一覧」よりご確認ください。

 
     

KOFAX(コファックス) 利用イメージ

業務対応イメージ  
 

さまざまな形式のデータから、文字データや画像データを抽出・振分けることができ、入力の自動化により、業務スピードの向上が見込めます。

 


 

※1 お客様の課題解決にむけた「KOFAX」シリーズ製品によるシステムの企画、設計、開発、構築など

※2 「KOFAX」シリーズ製品の特長と当社の強みを活かした自社プロダクト・サービスの開発と提供

※3 システム構築後のメンテナンスならびに問い合わせ、サポート窓口の開設など


 
     
将来イメージ (スマートデバイスの活用)  
 

富士ソフトでは、KOFAXとの連携により、現在、申込書を手作業での入力となっている部分を、スマートデバイスのカメラで撮影し自動入力できるアプリを検討しております。

スマートデバイスのカメラで撮影、データ化(MOBILE CAPTURE/OCR)し、新たなシステム構築すること なくデータの自動入力が可能になります。

 
     
 
 
     

KOFAX社について

 

◆KOFAX Japan株式会社 (KOFAX Limitedの日本法人)

 本社:東京都港区

 URL:http://www.kofax.jp/

 
     
  資料のダウンロードはこちら  






カタログダウンロード お問い合わせ