MENU

CSR(企業の社会的責任)

creating new values

2020年 CSRニュース



2020年1月

 12月24日(火)に神奈川県横浜市で行われた「TOWERS Milight ~みなとみらい21オフィス全館ライトアップ~」の主旨に賛同し、当社本社ビルの全館点灯を行いました。
 TOWERS Milightとは、グリーン電力の普及、促進、拡大を目的に、毎年クリスマスの時期に1日だけ時間を限定し、みなとみらい21のオフィスビル等が一体となって、街全体をイルミネーションに創り上げるイベントです。当社は今後も、地域貢献活動を行ってまいります。


ブラインドを全て開け照明を全点灯することで
街の彩りの一部となりました。
イベント当日のみなとみらい21の光景
(本社ビル19階から撮影)




2020年1月

 12月14日(土)~15日(日)の2日間にわたり、当社主催の「全日本ロボット相撲全国大会2019 」を相撲の聖地 “両国国技館”で開催しました。生徒・学生ならびに社会人がロボットづくりを通して、技術の基礎・基本を習得し、研究意欲の向上と創造性発揮の場を提供し、「ものづくり」の楽しさを知ってもらうことを目的に、 1990年より毎年開催している国内最大規模のロボット競技大会です。
 今年で31回目を迎えた大会では、 国内の19ヶ所で大会が開催され、高校生や一般参加者のロボット1,065台から勝ち上がった84台が本戦出場となりました。また、31ヵ国60ヶ所で海外で開催された大会から勝ち抜いた24ヵ国の107台のロボットが本戦出場となり、合計191台が、世界一をかけて競い合いました。
 また、今年は世界で親しまれているミニクラス(500g級)のプレ大会も開催し、メキシコの選手やトルコの選手が入賞しました。世界中の国々の方々に評価され、世界8万人を超えるロボット相撲ファンの注目を集める国際色豊かなロボット相撲大会となりました。

■全日本ロボット相撲全国大会結果はこちら(https://www.fsi.co.jp/sumo/history/record/31/index.html
■ミニクラスプレ大会結果はこちら(https://www.fsi.co.jp/sumo/history/record/31/mini/index.html
■参加国はこちら( https://www.fsi.co.jp/sumo/flag/index.html




本戦には、24ヵ国の参加者が
一堂に会し、ロボット相撲大会で
盛り上がりました。
真剣勝負のにらみ合い! 小学生から大人までが楽しめる
ミニクラスロボット相撲




2020年1月

 12月21日(土)に横浜市の桜木町駅前で、当社社員7名がユニセフ ハンド・イン・ハンド募金2019にボランティアスタッフとして参加し、募金の呼びかけを行いました。公益財団法人日本ユニセフ協会は「すべての⼦どもに⽣きるチャンスを」を今年のテーマに掲げ募金活動を行い、11月から12月の期間中、神奈川県では132名のボランティアスタッフで、総額126,224円が集まりました。当社は、今後もボランティアを通じた社会貢献活動に取り組んでまいります。

※手に手をとってを意味するユニセフのハンド・イン・ハンド募金は、世界の子どもたちの命と健やかな成長を
 守るためにユニセフが実施している保健、栄養、水と衛生、教育、保護等の事業を支える資金となります。




当社本社ビル前の桜木町駅で、ボランティア活動を行いました。