Project
01

車載システム

AUTOSAR開発プロジェクト

ECUソフトウェア開発における
最先端エンジニアの育成に向けて

秋吉 竜太 Ryuta Akiyoshi

システム事業本部
モビリティ事業部
車載システム開発部
R&D室/リーダー
2017年入社

※部署名・役職は取材当時のものです。

Outline

今や「車輪のついたスマートフォン」といわれるほどさまざまな情報が満載された自動車。それに伴い車載ソフトウェアの規模が年々増加し、さらに開発コストの増大も大きな問題となってきた。そこで車載ソフトウェアの共通化を目指して、欧州自動車メーカーを中心に設立されたのがAUTOSAR(AUTomotive Open System ARchitecture)だ。AUTOSARは車載アプリケーションとマイコンを切り離して開発ができるソフトウェアプラットフォーム仕様を規定したもので、アプリケーションの再利用性向上やソフトウェア開発コストの削減が可能になる。現在、日本国内でも、AUTOSARへのニーズが高まり、AUTOSAR導入が急速に進んでいる。しかしその一方で、まだまだAUTOSARに精通した開発エンジニアが少ないのが現状。そこで富士ソフトでは、ニーズの拡大を見据え、AUTOSAR開発エンジニアの育成に乗り出した。

ECUソフトウェア開発における
新たな開発ツール、AUTOSAR。

車載ソフトウェアの規模が小さかった時代は、自動車を制御するECU(Electronic Control Unit:電子制御ユニット)に搭載されるマイコンも小規模で、ソフトウェア開発は採用するマイコンに合わせた「すり合わせ開発」を行ってきました。しかし、次々と多様な機能が追加される中で、開発コストの増大が大きな問題となり、そこに登場したのがAUTOSARの考え方です。AUTOSARはアプリケーションソフトがECUの違いに関係なく使える環境を整えるもので、アプリケーション層とマイコンの間をつなぐ、いわば車載用OSとも呼べるものです。

これまで国内では、自動車メーカーや部品メーカーが独自のソフトウェア開発手法を持っていることが多く、AUTOSARは普及していませんでした。しかし、最近では機能安全規格(ISO26262)への対応やマルチコアマイコンによるECU統合といった新しいトレンドもあり、AUTOSARの導入が急速に進んでいます。当社でも名古屋大学の組込みシステム研究センターとともにAUTOSARに関する研究開発に携わり、AUTOSARに関する知見を蓄えてきました。しかし、まだまだAUTOSARに精通した開発エンジニアが不足しているのが現状です。今回のプロジェクトの目的は、AUTOSARに精通した開発エンジニアを育成し、AUTOSARを使った開発案件の受注につなげようというものです。

実際の開発実務を通して、
最先端開発技術の習熟に取り組む。

今回のプロジェクトでは、私を含めチームメンバー4名が大手ソフトウェアベンダーに常駐し、同社が販売しているAUTOSARプラットフォームや開発ツールに精通し、AUTOSAR開発プロセスをマスターすることが大きなミッションになっています。ベンターには開発部隊がいないため、同社の製品知識が豊富なエンジニアに開発を任せることができれば、同社にとっても大きな拡販につながります。また、ベンダーの開発ツールはすでに業界でのデファクトスタンダートとなっていますので、同社の製品に精通することは当社にとっても大きなメリットになります。開発パートナーとして、Win-Winの関係を構築することも、今回のプロジェクトのもう一つの目的になります。

現在、私はチームリーダーとして、各メンバーのスキル向上の進捗を管理するとともに、将来を見据えた戦略や対応に役立つ情報や知見を収集・蓄積し、社内にフィードバックする役割を担っています。チームの具体的な業務としては、大きく二つあります。一つが製品の開発ツールに関するQA対応。ツールの使い方であったり、上手く作動しない原因を追求し、それに答えたりするものです。二つ目がお客様の環境に応じた設定・構築です。AUTOSAR開発ツールは、ハードウェアと密接に関わるソフトですので、お客様がどんなマイコンを使っているかをヒアリングし、それに合わせた環境設定を行い、サンプル版を納入します。サンプル版は本開発とほぼ似た手順になりますので、AUTOSAR開発エンジニアとしてのスキルアップと、確かな経験の蓄積につながります。

誰よりもAUTOSAR開発に熟知した
エンジニアとして、富士ソフトの未来に貢献。

AUTOSAR開発に関しては、成熟したエンジニアが少なく、私も1年程の浅い経験でした。現場固有のワークフローに戸惑ったり、不明な点が出てきたりすると、現場のプロパーさんに教えてもらうことはもちろん、チーム内で知見のある人に質問したり、パートナー会社の方に聞いたり、時には海外にあるベンダー本社に問い合わせたり、苦労することが多々あります。とはいえ、最先端の技術に触れ、学ぶことには、何よりも大きなやりがいを感じます。それがまた日々の仕事の楽しさにもつながります。私自身、当社に入社する前は、ウォーターフォールモデル型の開発プロジェクトで、主にアプリケーション開発に携わってきましたので、改めて組込み系開発の奥深さと面白さを実感しています。

現在、各メンバーもサンプル版の設定・構築を経験し、確かなスキルを身に付けつつあります。2、3か月後には本開発の案件も予定されています。今後、当社ではメンバーを定期的に交代させながら、一人でも多くAUTOSAR開発に精通した開発エンジニアを育成していく計画です。現在、名古屋でも同様のプロジェクトが進行中で、本プロジェクトを経験したメンバーが、今後、富士ソフトにおけるAUTOSAR開発をリードしていくことになると思います。私自身も、このプロジェクトの経験を活かし、社内でAUTOSAR開発に最も精通した開発エンジニアとして活躍できるようになりたいと思っています。

ページトップへ