1. FUJISOFT

    VMware 仮想化ソリューション

技術コラム

サーバー仮想化やデスクトップ仮想化を考える上での基礎知識や、今さら聞けない?基礎を経験豊富な富士ソフトエンジニアがやさしく解説。

  1. 仮想化環境とはコラム

    仮想化環境とは
    物理環境をソフトウェアでコントロールする仮想化技術は日々進歩しており、現在ではサーバーからストレージ、クライアントデスクトップ、さらにはネットワークまで仮想化することが可能になっています。ここでは、仮想化の基本的なことについて紹介します。
  2. 仮想デスクトップ(VDI)を導入するメリットThink IT 寄稿記事

    仮想デスクトップ(VDI)を導入するメリット
    災害時の事業継続対策(BCP)をはじめ、ワークスタイルの変化によって会社以外で業務を行うケースが増えています。しかし、業務で使用しているノートPCを社外に持ち出して作業するのは、情報漏えいなどのリスクがあります。ここでは、仮想デスクトップのうちVDIについて、そのメリットを紹介します。
  3. VMwareを使ってMac上でWindowsを実行する@IT 寄稿記事

    VMwareを使ってMac上でWindowsを実行する
    ビジネスではWindowsを使用することが一般的になっていますが、アップルのMacもここ数年でユーザーが増加しています。以前からiMacなどの人気商品があり、近年ではiPhone、iPadがヒットしています。デスクトップやノートでもデザイン性の高いモデルが多く、仕事でも利用したいというユーザーが増えています。
  4. パブリッククラウド活用の課題と解決コラム

    パブリッククラウド活用の課題と解決
    ハイブリッドクラウドが再び注目されています。一時期はパブリッククラウドの利用増加にともない、企業内に構築するプライベートクラウドも増加しました。しかし、この両者を連携させて利用するパブリッククラウドについては、多くの問題から普及しませんでした。
  5. VMware「vCloud Air」で実現する仮想環境のBCPThink IT 寄稿記事

    VMware「vCloud Air」で実現する仮想環境のBCP
    大きな災害が発生すると、企業のBCP(事業継続計画)の重要さが強く意識されます。その都度トップダウンでBCPを見直すケースが多くなりますが、BCPも一度策定したら終わりというものではありません。ITに関する技術の進歩は早く、新しい技術を適用することも容易になっています。
  6. VMware「vCloud Air」で開発環境をオフロードするメリット@IT 寄稿記事

    VMware「vCloud Air」で開発環境をオフロードするメリット
    開発やテスト環境をオンプレミスで構築しているケースは多いと思いますが、この環境をクラウド上に移行することで、オンプレミスの固定資産やランニングコストを削減することができます。リスクが比較的少ない開発・テスト環境をハイブリッドクラウド化することで、本番環境のクラウド移行も視野に入れることができます。
  7. ハードウェアの保守切れはクラウド移行の好機@IT 寄稿記事

    ハードウェアの保守切れはクラウド移行の好機
    社内システムで使用しているハードウェアは、一定期間の保守サービスとともに購入し、保守サービスの期限に合わせて見直しやリプレースを検討します。こうした保守切れのタイミングは、パブリッククラウドへシステム環境を移行する好機でもあります。また、既存のvSphere環境をバージョンアップするタイミングも同様です。