1. FUJISOFT

    VMware 仮想化ソリューション

vFORUM 2018 TOKYO 出展レポート

2018年11月13日(火)から2日間にわたり開催された「vFORUM 2018 TOKYO」への出展の様子をご紹介します。本イベントはデジタルトランスフォーメーションの実現に向けた国内最大のITカンファレンスで、東京リージョンでのサービス提供を開始した「VMware Cloud on AWS」をはじめとする最新の仮想化ソリューション群が紹介され、延べ8,000名を超える来場者で賑わいました。

仮想化の仕組み
仮想化の仕組み

当社は3つのブースと7つのセッションで仮想化ソリューションをご紹介し、多くの反響をいただきました。当日の様子をほんの一部ですがご紹介します。ご興味があれば講演資料をダウンロードください。

いよいよ国内提供開始!ハイブリッドクラウドを実現するVMware Cloud on AWS

VMware Cloud on AWSはその名の通りAWSクラウド上でVMware環境を動かすことができるソリューションです。オンプレミスとクラウド間でのスムーズな仮想マシンの移行や、オンプレミスの VMware vSphere® vCenter からクラウド環境を管理できるなど、すでにVMwareを利用しているお客様にとってクラウドサービスは現実的な選択肢の一つとなります。『デモで徹底理解!What is「VMware Cloud on AWS」』のセッションでは気になるコスト試算の方法や、実際の管理画面を用いた具体的な移行手順、そしてオンプレミスとクラウドの双方を一元管理する運用方法までご紹介しました。

▼聴講されたお客様からの声
「製品概要や操作方法がまとまっていて分かりやすかった」
「実際の画面を使った説明で操作イメージを見られたので具体的で分かりやすかった」 など

report_vforum2018_03.jpg
report_vforum2018_04.jpg
report_vforum2018_05.jpg
report_vforum2018_06.jpg
report_vforum2018_07.JPG

講演タイトル:デモで徹底理解!What is「VMware Cloud on AWS」
登壇者   :富士ソフト株式会社 ソリューション事業本部 R&D部 課長 松本 光平 (vExpert)
※展示会場内ミニセッション
講演タイトル:徹底理解!What is「VMware Cloud on AWS」・・・超凝縮版!
登壇者   :富士ソフト株式会社 ソリューション事業本部 R&D部 次長 佐藤 浩 (vExpert)
                                  課長 小林 栄治 (vExpert)

仮想環境を見える化する画期的な管理ツール Runecast Analyzer を独占提案

仮想環境の「運用管理」と言葉で表すのは簡単ですが実際は・・・システム監視やバックアップなどの「定常運用業務」、アカウントや端末、セキュリティなどの「維持管理」、サーバ追加、性能負荷調査などの「システム改善」、それらに加え障害対応や問合せ対応などの「非常時対応」まで・・・求められる業務は多岐に渡り担当者は日々大きな負荷に晒されています。マニュアル化が進まず俗人化している運用管理を、如何に自動化し、如何に負荷を下げるか、多くのIT担当者の切実な悩みです。『vExpertによる “仮想化環境の運用管理” 虎の巻 2018年版』のセッションでは仮想基盤における見える化、標準化、マニュアル化、ツール化を支援する「Runecast Analyzer」を、既存のVMware管理ツールとの違いも合わせ実際の管理画面と共にご紹介しました。

▼聴講されたお客様からの声
「製品の説明だけでなく、具体的な運用課題を例で提示されていてよく分かった」
「今後の対策・やらなければならないことを考えることができた」 など
※講演資料は一部英語となっております。ご了承ください。

report_vforum2018_08.jpg
report_vforum2018_09.JPG

講演タイトル:vExpertによる “仮想化環境の運用管理” 虎の巻 2018年版
登壇者   :富士ソフト株式会社 ソリューション事業本部 インフラソリューション部 第1技術グループ
       課長 清水 歩 (vExpert)
        Runecast Solutions Ltd. CEO Stanimir Markov氏 (vExpert/VCDX)

コスト最適化と業務改革を両立する、DaaS活用事例

近年「働き方改革」という言葉が盛んに聞かれますが、具体的に何をすればいいのでしょうか?日本は超少子高齢化社会と言われ、生産年齢人口の減少による労働力低下への対策が求められています。その答えの一つが業務効率を向上される「テレワーク」です。情報漏洩対策やセキュリティリスクを担保しつつ、場所や端末に依存しないテレワークを実現するツールがVDI(仮想デスクトップ)ですが、初期コストの高さから導入に踏み切れない企業が多いのが現状です。『業務改革だけでいいの?コスト最適化も両立する経営者にも嬉しいテレワーク推進!!』のセッションでは利用環境により大幅なランニングコスト低減が可能な VMware Horizon Cloud® on Microsoft Azure を主軸に、具体的なコスト削減方法をご紹介。また総務省主催の「テレワーク先駆者百選」へ認定された当社の働き方改革実例も合わせてご紹介しました。

▼聴講されたお客様からの声
「VDIによるテレワークの導入についての概要だけでなくメリットについても分かりやすく説明されていて参考になった」
「DaaSの詳細な情報が得られた」

report_vforum2018_10.JPG
report_vforum2018_11.jpg

講演タイトル:業務改革だけでいいの?コスト最適化も両立する経営者にも嬉しいテレワーク推進!!
登壇者   :富士ソフト株式会社 ソリューション事業本部 インフラソリューション部 第3技術グループ
       リーダー 小池 貴詞

活用できていますか?スマートデバイスで業務改革

デバイスのスペック向上により、スマートフォンやタブレットなどの小型デバイスでも様々な業務アプリケーションをストレスなく扱うことができるようになりました。場所を選ばず利用できるスマートデバイスは非常に便利な反面、管理者目線では会社の情報資産を守るためのセキュリティ対策は必須です。しかしセキュリティを重要視し過ぎた結果、デバイスの良さが損なわれ活用されなくなってしまうというジレンマも生まれます。『ホントに便利?Workspace ONE の活用シーンをご紹介』のセッションでは VMware Workspace ONE® を主軸に、管理者・利用者双方の目線から業務におけるスマートデバイス活用シーンをご紹介しました。

▼聴講されたお客様からの声
「スマートデバイスを導入しており、製品の導入によってさらに効果的に活用できそうだ」
「タブレットを配布したものの活用が進まなかった。ひとつの答えとして参考になった」

report_vforum2018_12.jpg
report_vforum2018_13.JPG

講演タイトル:ホントに便利?Workspace ONE の活用シーンをご紹介
登壇者   :富士ソフト株式会社 ソリューション事業本部 R&D部 リーダー 尾嶋 洋亮

セッションで紹介した各ソリューションをデモで体感

メインブースに加え、注目ソリューションである HCIVMware Cloud on AWS それぞれの特設ブースで上記のソリューションをデモと共にご紹介し多くのお客様へご体感いただきました。

report_vforum2018_14.jpg
report_vforum2018_15.jpg
report_vforum2018_16.jpg

当社のブースやセッションへお越しいただいた皆さま、ありがとうございました!また参加できなかった方も、今回ご紹介したソリューションに興味をお持ちいただけましたらぜひ資料をダウンロードください。ご不明点やお困りごとなどございましたらお気軽にお問い合わせください。

※本ページに記載の部署名・役職名・所属は2018年11月14日、「vFORUM 2018 TOKYO」出展当時の情報です。

vFORUM 2018 TOKYO

vFORUM 2018 TOKYO

日程:
2018年11月13日(火)~11月14日(水)
会場:
ザ・プリンスパークタワー東京 B2F
宴会場フロア
協賛企業数:
57社
主催
ヴイエムウェア株式会社
オフィシャルサイト:
https://vforum.jp/tokyo/