1. FUJISOFT

    VMware 仮想化ソリューション

VMware NSX®

VMware NSXとは?

1つの物理ポートをソフトウェアで制御し、複数のポートとして設定するネットワーク仮想化。サーバー仮想化に付随するネットワーク設定、管理の課題を改善し、より柔軟なIT基盤活用が可能になります。
VMware NSXはサーバー仮想化ソフトウェアvSphereと親和性の高いネットワーク仮想化製品です。

サーバー仮想化技術が浸透するにしたがって、仮想化環境ならではのネットワークの課題が発生するようになりました。

  • 仮想化によってサーバー環境は柔軟となったが、ネットワークは物理的な設定に依存しており追従できていない。
  • サーバーと同じように、ネットワークポートも物理的な制約を取り去ることはできないだろうか?

そんな背景から生み出されたのが「ネットワークの仮想化」です。
VMware NSXは、サーバー仮想化に長く取り組んでいるVMware社の提供するソリューション。だからこそ、仮想化環境に最適なネットワーク環境を構築することができるのです。

サーバ仮想化で実現してきたことをネットワークでも実現

サーバ仮想化で実現してきたことをネットワークでも実現

課題・
疑問
サーバーは仮想化して追加が容易に。
でも付随するネットワークサービスの提供に時間がかかる。

解決策サーバー稼働の際に必須となるネットワーク。サーバー新設の際には、ネットワークの設定にも多くの工数がかかります。
NSXを活用し、あらかじめ新規サーバ、つまり仮想マシンを増やすときの設定ポリシーを決めておけば、人為的なミスを減らし、確実にネットワークサービスを提供できます。レビューがいらなくなります。
設定はGUIから行うため、運用もとてもシンプル。レビュー時間も大幅に削減されるため、運用管理に定常的に取られていた時間を、新規ビジネスへの投資に向けることが出来ます。

課題・
疑問
ネットワーク構成が追加の連続で複雑に・・・。
整理しきれずフラットなネットワークのため、遅延が発生しやすくなっています。

解決策各種のスイッチ・FW・LBなどの機能をソフトウェア化したことで、社内システム同士の通信など、サーバー内でトラフィックの完結するケースが多くなり、上下のネットワーク・トラフィックが削減されます。その結果、今まで利用していた大規模なコアスイッチなどが必要なくなり、シンプルで低コストなネットワーク環境が構築できるようになります。

課題・
疑問
ネットワーク仮想化、セキュリティ上の懸念はないの?

解決策すべてのサーバやクライアントが同列に接続されていても、仮想マシンの入口にファイアウォール(NSX Edge)を設置するだけで、社内ネットワークからの仮想マシンへのマルウェア感染などから、サーバー環境を保護できます。
さらに上位エディションのNSX Professionalなら、仮想マシン毎により粒度の細かい「マイクロセグメンテーション」を実施できる“分散ファイアウォール”機能も利用できます。既存のネットワーク構成にそれほど手を入れずに、マルウェアをネットワーク内に侵入させてしまっても、サーバーをしっかり守る環境を作ることができます。

NSXによるネットワーク仮想化は、ネットワーク管理の一元化だけにとどまらず、マルチクラウド環境へ踏み出すための革新的なテクノロジーです。マルチクラウド環境でも、一貫したセキュリティーポリシーを適用でき、安全安心なクラウド化を推進します。