intra-mart
とは?

ABOUT intra-mart

変化の激しいビジネス環境に柔軟に対応できる、
システム共通基盤

次々と生まれる新しいビジネスモデルに、ITは欠かせない存在。
しかし、あまりに激しい変化に対して、IT開発が追いついていかないことも多くなってきました。
そんな課題に、柔軟に、迅速に、そして、簡単に対応できるシステム共通基盤、それがintra-martです。

アジャイル開発・システム共通基盤

複雑で大規模なWEBシステムを
短期間、高品質で構築できる

フレームワーク上のAPIコンポーネント群を組み合わせることで、高品質なシステムを素早く簡単に構築できます。ツールを活用したノンコーディングでのアジャイル開発から、本格的なプログラム開発まで、ニーズに合わせた柔軟な開発が可能です。

クラウド/ソーシャル/モバイル

ひとつのアプリケーションを
複数の会社で共同利用

マルチテナント機能で、取引先を含めた企業間でのアプリケーションの共同利用が可能に。共同で使うものはクラウド、会社独自の業務内容はオンプレミスと使い分けることができる「ハイブリッドクラウド」が構築できます。また、特にクラウド上のアプリケーションは、モバイルからのアクセスも実現を容易にします。

市場でナンバーワンの実績を誇るワークフロー

長年お客様のご要望を反映し改良を
重ねた
完成度の高いワークフロー

機能改良を重ね、多様なニーズを網羅したワークフローをご提供。ワークフロー単体の他製品とは違い、幅広い業務プロセス処理、既存システム連携に対応しているので、全社規模の統一基盤としてご利用いただくことができます。

業務プロセス管理/システム統合

ルールエンジンの活用により
煩雑な手作業を自動化

ビジネスプロセスと既存システムを統合して業務の流れを一元管理。非効率なプロセスを洗い出しながら業務効率を向上させます。特にルールエンジンの活用で煩雑な手作業も大幅に自動化できます。

豊富なアプリケーション/
社内外とのコラボレーション

ユーザビリティの高いポータルが
取引先とのコミュニケーションを促進

ユーザビリティの高いポータルやソーシャル機能により、社内外のコミュニケーションを促進。各種アプリケーションは、同一基盤上で動作。統一されたユーザインターフェースと、スピーディで流れるような操作感は、業務効率を上げ、ビジネスへの効果をもたらします。

情報系~基幹系のシステム統合化

情報系システム、基幹系システムを
同一基盤上で構築できる

スクラッチ開発やオプションのアプリケーションを導入することで基幹系システムも同一基盤上で構築することができます。同一基盤上で情報系・基幹系システムを構築することでデータ連携の効率化、TCOの削減につながります。また、情報系システムと基幹系システムの区別なく同一画面からアクセスできます。