【富士ソフト】AI時代の生存戦略 ── 眠るAI人材を発掘し、育てなければ未来はない
AI:人工知能特化型メディア“Ledge.ai”に取材頂いた記事をご紹介いたします。記事詳細については、リンク先からご覧ください。

ベンチャー企業ばかりでなく、名の知られる大企業でも、AI時代に置いていかれないための動きをみせています。AI人材の発見から育成、AIを活用したソリューション提案も行う富士ソフトも例外ではありません。

しかし、その始まりは“数人の勉強会”から始まったと、富士ソフト執行役員 八木 聡之氏は言います。

AI時代から取り残される危機感を感じた富士ソフトは、どのようにしてAIを取り入れ、事業展開までのアクションに落とし込んできたのか、富士ソフトの「AI時代生き残り戦略」を聞いてきました。



 

八木 聡之
八木 聡之(Satoshi Yagi)

執行役員
イノベーション統括部 統括部長

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。
技術者の“特許権”について考える
column
この2019年の4月1日からNHKで始まった「逆転人生」という新番組。偶然、初回放送を観ました。ジリ貧の人生の時期があっても諦めずにもがき、...