AWSのサービス紹介:マイクロサービス化を実現するAWSのコンテナ関連サービス

最近、多くの企業でコンテナが導入されるようになりました。一方、興味はあるがよくわからないという方も多いようです。そこで、Amazon ECSを初めとするAWSのコンテナ関連サービスを紹介します。コンテナの簡単管理で、アプリケーションもインフラストラクチャも安心・安全・快適に運用、マイクロサービス化も実現可能です。

ミッションクリティカルなニーズにも対応

Amazon Elastic Container Service(Amazon ECS)は、フルマネージド型コンテナオーケストレーションサービスです。モノリシックなアプリケーションをファンクションごとに分割してコンテナを利用することにより機能単位で管理も変更も行えるので、運用がとても簡単になります。
インフラストラクチャも必要最小限の構成で運用でき、高速処理を実現します。スケールアップもスケールアウトも簡単で、コスト面のメリットもあります。高レベルのセキュリティと信頼性が実現できるため、機密性が必須のミッションクリティカルなシステム運用にも利用されています。

数多いネイティブサービスとの連携・統合で、より使いやすく

Amazon ECSは、アマゾン ウェブ サービス(AWS)でのコンテナ活用に最適な環境を提供します。AWSのネイティブなサービスなので、数多いAWSサービスと連携しやすいことが、大きな特長です。気になった機能や新しい機能を次々に追加し、より使いやすく進化させることが可能です。

【Amazon Elastic Container Registry(ECR)】

Amazon ECRは、フルマネージド型のコンテナレジストリサービスです。Amazon ECRを使うと、コンテナイメージとアーティファクトを、どこにでも簡単に保存、管理、共有、デプロイできます。Amazon ECSとAmazon ECRの連携で、開発から本稼働までのワークフローが簡素化できます。

【AWS Fargate】

Amazon ECSで動作する、コンテナ向けサーバレスDockerコンテナ実行サービスです。Fargateを使用すると、サーバのプロビジョンと管理が不要となり、アプリケーション構築に集中できます。また、Fargateによる各タスクおよび各ポッドの実行には、それぞれ独立した環境が提供されるため、セキュリティも確保できます。

【AWS CodeBuild】

フルマネージド型のインテグレーションサービスです。ソースコードの場所を指定し、ビルド設定を選択するだけで、CodeBuildによってビルドスクリプトが実行され、コードのコンパイル、テスト、パッケージングが行われます。

【AWS CodeDeploy】

グループとして定義したAmazon EC2やオンプレミスサーバーなどへのコードのデプロイメントを自動化するサービスです。自動化により新しい機能を簡単かつ迅速にリリースできます。Blue/Greenデプロイの実行によりダウンタイムを回避したアップデート処理にも対応します。

【Amazon CloudWatch】

CPUやメモリの使用率、タスク数、サービス数など、リソース使用率のメトリクスを提供するフルマネージド型サービスです。以前は、カスタムモニタリングを有効にする必要がありましたが、CloudWatch Container Insightsの使用で、あらゆるAmazon ECSリソースの監視、トラブルシューティング、アラームの設定が行えるようになりました。

【AWS X-Ray】

X-Rayを使用すると、アプリケーションやその基盤となるサービスの実行状況をリアルタイム表示できます。可視化された状況から、パフォーマンスの問題やエラーの根本原因を特定し、トラブルシューティングが可能です。X-Rayは、シンプルなアプリケーションにも複雑なアプリケーションにも使用できます。

【Amazon Elastic Kubernetes Service(Amazon EKS)】

AWS上でコンテナを管理するサービスとしては、Amazon EKSもあります。Amazon EKSは、AWSまたはオンプレミスでKubernetesアプリケーションを開始、実行、スケーリングするマネージド型サービスです。豊富な機能をもつKubernetesの管理・運用を簡単に行うことが可能で、Fargateも動作できます。

使用環境に最適な導入から運用を検討するために

Amazon ECSをはじめとするAWSのマネージド基盤を利用することで、アプリケーションもインフラストラクチャも運用工数が最適化され負荷を軽減できるため、システム管理者は利用者への価値提供に集中できます。また、AWSでは次々にサービスアップデートや新サービスが提供されるため、最適なサービスを組み合わせることによって、運用の安心・安全・快適をさらに高めることができます。
こうしたメリットを確実に享受するためには、お客様の使用環境に最適なサービスを導入し、最適な運用を実現することが必要です。当社のようなAWSのパートナーが最上流の導入検討段階から設計、構築、移行、運用までを見据えた、お客様に最適なAWSの導入から運用まで、様々のな援を提供しています。AWSプレミアコンサルティングパートナーである当社のサービスも、ぜひご活用ください。


富士ソフト アマゾン ウェブ サービス (AWS)のご紹介

 



北村 明彦北村 明彦(Akihiko Kitamura)

ソリューション事業本部
インフラ事業部 クラウドソリューション部
第1技術グループ
主任 / フェロー

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。