メイン画像(UXP) メイン画像(UXP)

UXP

デジタルトランスフォーメーションを実現し
新たなサービスを創造する
情報プラットフォーム

problem 課題

ボーダー ボーダー

ITが普及したとはいえ、現状では紙文書での回覧、押印、郵送などまだまだITを活用できているとは言い難い状況にあります。 すべての人とモノが繋がり、知識や情報が共有されるためには、AIやIoTなどのデジタル技術をどのように活用するのかが重要なポイントです。 しかし、IT関連費用の多くが現行システムの維持管理に使われている状況は、システム改修の繰り返しによる技術的負債だといえます。
戦略的なデジタルトランスフォーメーションの実現には、異なる複数の制度やシステムが同じ情報を取り扱うのではなく、バックオフィス連携などITを活用した抜本的なシステム改革の取り組みが必要不可欠です。

2019年5月、
デジタル手続法 (デジタルファースト法) 成立
行政手続きは原則オンライン化へ

デジタル化の基本原則

  • デジタルファースト 個々の手続・サービスが一貫してデジタルで完結する
  • ワンスオンリー 一度提出した情報は、二度提出することを不要とする
  • コネクテッド・ワンストップ 民間サービスを含め、複数の手続・サービスをワンストップで実現する

デジタルトランスフォーメーションを
実現する
情報プラットフォームUXP

Outline 概要

ボーダー ボーダー
  • UXP(Unified eXchange Platform)とは?

    暗号化と相互認証の機能を持つピアツーピアのデータ交換を可能にする技術です。分散型のアーキテクチャに基づいているためコスト効率が高く、システムの自立性を維持したまま、データの完全性を損なうことなくセキュアなデータ交換が可能です。

  • UXPの基となったX-Road

    ・UXPの前身にあたるのが世界的に有名な電子政府システムのX-Roadで、エストニアの電子政府政策のひとつとして2001年にCYBERNETICA ASによって開発されました。
    ・X-Roadの導入によって、行政間の紙ベースでやり取りしていた作業はすべて電子化され、大幅な労働時間の削減や作業の効率化を達成したことで注目されています。 ※パリのエッフェル塔と同じ高さ、300メートル分の紙の書類が毎月削減

  • X-RoadからUXPへ

    X-Roadをエストニア以外の政府や組織へ提供するため、X-Roadの互換システムであるUXPが開発されました。2015年に CYBERNETICA ASによってリリースされ、普及が始まっています。

  • UXPの普及状況

    ・ X-Roadはエストニアが自国で利用するために開発されたセキュアなデータ交換基盤ですが、X-Roadを元に開発されたUXPは、世界中の国々でパイロットや導入が進んでいます。
    ・エストニア(X-Road)では、隣国フィンランドのデータ交換基盤(Palveluväylä)とのデータ交換・電子サービスの連携を始めており、国境を越えての利用も進んでいます。
    ・ Microsoft社と提携し、AzureへのUXPコンポーネントのインスタンス提供が進められており、クラウド上でのUXP利用も可能になりつつあります。

  • UXPの適用事例

    ・2019年6月現在の適用事例として、国家単位の電子政府か、それに準じる組織が挙げられています。

  • ナミビア

    首相府および6つの政府組織にて電子政府のパイロットを実施中

  • ウクライナ

    電子政府のデータ交換基盤として導入

  • ハイチ

    12の省庁間を連携するセキュアデータ交換基盤として導入

  • チュニジア

    政府システムと銀行データベースを連携するセキュアデータ交換基盤として導入

  • グリーンランド

    データ交換フレームワーク「Pitu」でパイロット利用

Feature 特長

ボーダー ボーダー

セキュアにデータを交換可能な情報プラットフォーム

  1. 01

    セキュリティ

    複数のセキュリティで データの完全性と安全性を保証
    署名とタイムスタンプで、 すべての照会履歴を監視可能

  2. 02

    連携が容易

    既存システム・データベースをUXPに接続できる
    データ連携用に新たなシステムの開発は不要

  3. 03

    情報の公開権限を簡単に
    コントロール

    個人毎に情報の公開権限を簡易にコントロールすることが可能

UXPによるデータ連携

Products 製品

ボーダー ボーダー

UXPデータ連携基盤を構成する
コンポーネント

  • UXP
    Registry

    アクセス制御 アクセス制御

    許可するUXP Security Serverのリスト管理およびリストを
    UXPSecurity Serverへ配布する

  • UXP Security
    Server

    データ交換 データ交換

    セキュアな経路を介して、外部の組織へメッセージを送信する

  • UXP
    Monitoring

    システム監視 システム監視

    UXPデータ連携基盤の健全性をモニタリングし、運用上の問題を検出する

拡張コンポーネント

  • UXP Connector

    DBコネクター DBコネクター

    各種データベースをUXP Security Serverへ簡単に接続

  • UXP Portal

    簡易ポータルサイト 簡易ポータルサイト

    認証とUXPサービスのアクセス制御を備えた汎用クライアント

デジタルトランスフォーメーション
を実現する情報プラットフォーム

メールアイコン

お問い合わせ

やじるし
トップへ戻る トップへ戻る