トップページ > ごあいさつ

大会委員長からのごあいさつ

大会委員長 野澤 宏  世界中の「ものづくり」を愛する方々に支えられて、「インターナショナルロボット相撲大会」は、今年で28回を迎えることとなりました。
日本から発祥したロボット競技のグローバルスタンダードとして、このロボット相撲大会は、世界中でロボットテクノロジーを学ぶ最高の教材として選択されており、ロボット相撲大会を通じ、ロボティクスの基礎・基本を習得し、研究意欲の向上と 創造性発揮の場となり、世界22ヶ国の選手が集うインターナショナル大会となりました。
今年は、世界中で開催されるロボット相撲大会の中の17大会を公認大会とし、2,000名を超える参加者の中から200名余のロボット相撲の精鋭たちが、相撲の聖地、東京・両国の国技館で「ヨコズナ」の称号を得るために来日を予定しています。
また、ロボットでの対戦型団体競技であるロボフト大会を平成29年2月19日にパシフィコ横浜にて開催します。
本競技は、5台のロボットと操作員で構成するチームで、ゴム製の楕円ボールを使い、相手ゴールへボールを運び得点する競技です。
ロボット競技としては、シンプルでありながらゲーム性、スポーツ性の高い競技であり、楽しみながら、「ものづくり」と技術が学べ、そして、発想力、チームワークといった、現在の技術者教育に必要な要素を多分に含み、最高の教育効果を生んでおります。
ぜひ、皆さんもチームを作って、ご参加ください。
富士ソフトは、ロボット相撲、ロボフトを通じ、世界中の皆様が「ものづくり」にかける情熱と夢を育み、ロボットテクノロジーを学ぶきっかけとして、これからも末永く続けられるよう、尽力してまいりたいと考えております。
世界中の皆様からのご参加、ご来場を心よりお待ちしております。

全日本ロボット相撲大会
大会委員長 野澤 宏

開催目的

生徒・学生ならびに社会人が、ロボットづくりを通して、技術の基礎・基本を習得し、研究意欲の向上と創造性発揮の場を提供し、「ものづくり」の楽しさを知っていただくこと。

大会事務局スローガン

全日本ロボット相撲大会

参加者が「ものづくりの楽しさを知る場」の提供
参加者が「技術を研く場」の提供
参加者が「競う悦びを味わう場」の提供
そして参加者が「こころ燃える場」の提供
をスローガンに大会運営にあたって参ります。

全日本ロボット相撲大会審判部

エンジニア精神5箇条

ロボット相撲大会では、「エンジニア精神5カ条」を制定しております。
大会出場選手ならびにその関係者は、ロボット競技会の参加にあたり以下の5箇条の遵守が義務付けられています。

エンジニア精神5箇条
  1. 常に安全に努め、フェアプレー精神で試合に臨もう。
    (安全第一、フェアプレー精神)
  2. 全ての参加者とその関係者仲間を敬い、思いやる気持ちを持とう。
    (豊かな心)
  3. 創意工夫と技術向上に挑戦しよう。
    (技術への挑戦)
  4. 大会を交流の場として仲間作りに努めよう。
    (人と人のコミュニケーション)
  5. 次代を担う後輩たちに夢と希望を与えよう。
    (技術の伝承)

運営形態

大会委員長 富士ソフト株式会社 代表取締役 会長執行役員
野澤 宏
大会副委員長 富士ソフト株式会社 ロボット相撲大会事務局長
金井 健
大会委員 早稲田大学 環境・エネルギー研究科 教授
永田 勝也
富士ソフト企画株式会社 代表取締役社長
須藤 勝
株式会社いすゞ中央研究所 顧問
西村 輝一
(公社)全国工業高等学校長協会 事務局次長
山田 勝彦
株式会社 移動ロボット研究所 代表取締役
小栁 栄次
(公社)全国工業高等学校長協会 事務局次長
石井 末勝
ものつくり大学 製造学科 客員教授
平塚 剛一
富士ソフト株式会社 執行役員
前川 政喜

矢印

大会事務局

事務局長 富士ソフト株式会社
金井 健

審判部

審判部長 富士ソフト株式会社
北野 聡

矢印

全日本ロボット相撲地区大会

主催 富士ソフト株式会社(全日本の部) 公益社団法人 全国工業高等学校長協会(高校生の部)
後援 文部科学省 (一社)日本ロボット学会
開催都道府県教育委員会 (一社)日本機械学会
(一社)日本ロボット工業会 (一社)電気学会

矢印

高校生ロボット相撲全国大会

主催 公益社団法人 全国工業高等学校長協会
協賛 富士ソフト株式会社
後援 文部科学省
経済産業省
(公財)産業教育振興中央会
(一社)日本ロボット工業会
(一社)日本ロボット学会
(一社)日本機械学会
(一社)電気学会

全日本ロボット相撲全国大会

主催 富士ソフト株式会社
後援 文部科学省
(公社)全国工業高等学校長協会
(一社)日本ロボット工業会
(一社)日本ロボット学会
(一社)日本機械学会
(一社)電気学会