トップページ > ごあいさつ

ごあいさつ

準備中

開催目的

生徒・学生ならびに社会人が、ロボットづくりを通して、技術の基礎・基本を習得し、研究意欲の向上と創造性発揮の場を提供し、「ものづくり」の楽しさを知っていただくこと。

大会事務局スローガン

全日本ロボット相撲大会

参加者が「ものづくりの楽しさを知る場」の提供
参加者が「技術を研く場」の提供
参加者が「競う悦びを味わう場」の提供
そして参加者が「こころ燃える場」の提供
をスローガンに大会運営にあたって参ります。

全日本ロボット相撲大会審判部

エンジニア精神5箇条

ロボット相撲大会では、「エンジニア精神5カ条」を制定しております。
大会出場選手ならびにその関係者は、ロボット競技会の参加にあたり以下の5箇条の遵守が義務付けられています。

エンジニア精神5箇条
  1. 常に安全に努め、フェアプレー精神で試合に臨もう。
    (安全第一、フェアプレー精神)
  2. 全ての参加者とその関係者仲間を敬い、思いやる気持ちを持とう。
    (豊かな心)
  3. 創意工夫と技術向上に挑戦しよう。
    (技術への挑戦)
  4. 大会を交流の場として仲間作りに努めよう。
    (人と人のコミュニケーション)
  5. 次代を担う後輩たちに夢と希望を与えよう。
    (技術の伝承)

運営形態

大会委員長 富士ソフト株式会社 代表取締役 会長執行役員
野澤 宏
大会副委員長 富士ソフト株式会社 ロボット相撲大会事務局長
金井 健
大会委員 早稲田大学 教授
永田 勝也
富士ソフト企画株式会社 代表取締役社長
須藤 勝
株式会社 人工知能ロボット研究所 代表取締役
西村 輝一
(公社)全国工業高等学校長協会 事務局長
山田 勝彦
株式会社 移動ロボット研究所 代表取締役
小栁 栄次
(公社)全国工業高等学校長協会 事務局次長
石井 末勝
ものつくり大学 製造学科 客員教授
平塚 剛一
富士ソフト株式会社 取締役 常務執行役員
猪原 幸裕

矢印

大会事務局

事務局長 富士ソフト株式会社
金井 健

審判部

審判部長 富士ソフト株式会社
北野 聡

矢印

全日本ロボット相撲地区大会

主催 富士ソフト株式会社(全日本の部) 公益社団法人 全国工業高等学校長協会(高校生の部)
後援 文部科学省(予定) (一社)日本ロボット学会
開催都道府県教育委員会(予定) (一社)日本機械学会
(一社)日本ロボット工業会 (一社)電気学会

矢印

高校生ロボット相撲全国大会

主催 公益社団法人 全国工業高等学校長協会
協賛 富士ソフト株式会社
後援 文部科学省(予定)
経済産業省(予定)
(公財)産業教育振興中央会
(一社)日本ロボット工業会
(一社)日本ロボット学会
(一社)日本機械学会
(一社)電気学会

全日本ロボット相撲全国大会

主催 富士ソフト株式会社
後援 文部科学省(予定)
(公社)全国工業高等学校長協会
(一社)日本ロボット工業会
(一社)日本ロボット学会
(一社)日本機械学会
(一社)電気学会