トップページ > ごあいさつ

大会委員長メッセージ

会長
「全日本ロボット相撲大会」は、2018年の今年で30回という記念すべき大会を迎えます。
日本から発祥したこのロボット相撲は今日、世界中のロボット競技大会で開催されております。
そして、第30回大会からは、「International Robot SUMO Tournament」を発展的に解消し、 歴史と伝統を誇る「全日本ロボット相撲大会」に統合し、1つのトーナメントとして開催します。 日本国内の地区大会、海外の公認大会で選ばれた選手が一堂に集まり、総勢200台を 超えるロボット力士が「全日本ロボット相撲大会」において、世界一の横綱を決める大会といたします。
予選となる大会は、海外は35ヶ国、39の公認大会の上位選手となります。
日本国内は今年から各地区の参加台数を勘案し、9地区から6地区へ変更します。
6地区は、北海道・東北大会、北信越・東海大会、中国・四国大会、関東大会、近畿大会、九州大会に集約されて開催されることになります。
また、ルールで大きく変わるのは、自立型ロボットの試合のスタート・ストップです。
今大会から、安全のため審判による操作で同時スタートとし、「5秒ルール」を撤廃します。
そして試合終了も審判のストップ操作で終了します。
まとめますと、
①「International Robot SUMO Tournament」を廃止し、「全日本ロボット相撲大会」に一本化
②日本国内地区大会を9地区から6地区へ変更
③自立型ロボットの試合ルール
「5秒ルール」を廃止し審判のスタート・ストップボタンで試合の開始及び終了する。
以上3点です。
大きく変化する今年のロボット相撲大会、多くの方々に楽しんでいただきたいと思います。
振り返ると、この大会は、1989年、ものづくりを担う若い人達に夢を与えたい、ものづくりの楽しさを味わってもらいたいという思いからこの大会を発案いたしました。
そして現在、この競技は、ロボットテクノロジーを学ぶ教材として世界中の国々の方々に評価され、日本を含む全世界で8万名を超えるロボット相撲の愛好家が存在することとなりました。
これからも本大会を末永く続けられるよう、スタッフ一同尽力してまいります。
世界中の皆様からのご参加、ご来場を心よりお待ちしております。

                                                富士ソフト株式会社
                                                全日本ロボット相撲大会
                                                大会委員長 野澤 宏

Message from the Chairman

  All Japan Robot Sumo Tournament will be held as a memorable tournament greeting 30th Anniversary this year in 2018.
This Robot Sumo, originated in Japan, is now held in many robot tournaments throughout the world.
From the 30th Tournament, we will dissolve International Robot Sumo Tournament and integrate it into All Japan Sumo Tournament that has history and tradition, to enhance Robot Sumo.

We will make it to decide the World Champion, YOKOZUNA, in the All Japan Robot Sumo Tournament among over 200 sumo robots by gathering the top representatives from each district in Japan and from the certified tournaments in the world.
The preliminary round will be held in 39 certified tournaments in 35 countries, and top players will be qualified to proceed.

In Japan, we will change the number of districts for the preliminary rounds from 9 to 6, considering the number of participants in each district.

Also, there will be a big change in the START and STOP rule in the autonomous-type robot games.
From the upcoming tournament, the referee will control the simultaneous start and we will abolish the “5 seconds rule” considering safety.
The end of the game will be also controlled by the stop-operation of the referee.

As a summary,
1. International Robot Sumo Tournament will be integrated into All Japan Robot Sumo Tournament.
2. The number of districts for preliminary rounds in Japan will change from 9 to 6 districts.
3. There will be a change in rule of autonomous-type robot: the “5 seconds rule” will be abolished and referee will control the start and end of the game through the START/STOP button.

I wish many people to enjoy this greatly changing Robot Sumo Tournament this year.
Looking back, holding this tournament is proposed from the thoughts that I wanted the youth who will be responsible for the future to feel the joy of “MONOZUKURI”, and that I wanted to give them a dream.

Today, this competition is acknowledged by many people throughout the world as the educational material to learn robot technology, and there we have more than 80 thousand fans of Robot Sumo in the world including Japan.

All the staff is striving to continue holding this tournament for many years to come.
I am sincerely looking forward to your participation from all over the world.

                                        FUJISOFT INCORPORATED
                                        All Japan Robot Sumo Tournament
                                        Chairman
                                        Hiroshi Nozawa


Mensaje del presidente de convencion

All Japan Robot Sumo Tournament sera organizado como un torneo muy memorable celebrando la edicion 30 este ano 2018. Con origen en Japon, el Robot Sumo se lleva a cabo en muchos torneos alrededor del mundo.
A partir del la 30va Edicion, El Internacional Robot Sumo Tournament sera disuelto y se integrara con el tradicional e historico All Japan Robot Sumo Tournament para intensificar el Robot Sumo.

Con esto, el YOKOZUNA mundial numero 1 del All Japan Robot Sumo Tournament se decidira entre 200 robots sumo provenientes de cada districo de Japon y de los torneos certificados alrededor del mundo.

Las rondas premilimianres se realizaran en 39 torneos certificados en 35 paises para definir a los campeones de cada torneo.
En Japon, el numero de distritos de las rondas preliminares cambiara de 9 a 6, tomando encuenta el numero de participantes por distrito.

Los 6 distritos acordados seran Hokkaido, Tohoku, Koshinetsu, Chugoku-Shikoku, Kanto, Kinki and Kyushu.

Ademas, habra un gran cambio en la regla de START-STOP de la categoria de robots autonomos.
Desde el proximo torneo, el Juez controlara el inicio simultaneo y abolira la “regla de los 5 segundos” considerando la seguridad.

El fin de la batalla, va a ser controlado y detenido por accion del Juez.

En resumen,
1- El international Robot Sumo Tournament sera integrado al All Japan Robot Sumo Tournament.
2- El numero de distritos para las rondas preliminares en Japon cambiara de 9 a 6 distritos
3- El cambio en la regla de los robots autonomos: “La regla de los 5 segundos” sera abolida y el Juez iniciara y detendra la batalla atravez del boton START/STOP

Espero que mucha gente disfrute el cambiante torneo de Robot Sumo este ano.
Mirando hacia atras, Mi proposito en la organizacion de este torneo es que la juventud, quien sera responsable del futuro, conozca el placer del “monozukuri”; y en consecuencia tengan suenos y aspiraciones.

Al dia de hoy, esta competicia es conocida por mucha gente en el mundo como una herramienta educativa para aprender robotica, con mas de 80 mil seguidores del Robot Sumo en el mundo incluido Japon.

Todo el staff organizador se esfuerza continuamente para que este torneo continue para siempre.
Esperamos la participacion de muchas personas alrededor del mundo.

                                        FUJISOFT INCORPORATED
                                        All Japan Robot Sumo Tournament
                                        Chairman
                                        Hiroshi Nozawa

開催目的

生徒・学生ならびに社会人が、ロボットづくりを通して、技術の基礎・基本を習得し、研究意欲の向上と創造性発揮の場を提供し、「ものづくり」の楽しさを知っていただくこと。

大会事務局スローガン

全日本ロボット相撲大会

参加者が「ものづくりの楽しさを知る場」の提供
参加者が「技術を研く場」の提供
参加者が「競う悦びを味わう場」の提供
そして参加者が「こころ燃える場」の提供
をスローガンに大会運営にあたって参ります。

全日本ロボット相撲大会審判部

エンジニア精神5箇条

ロボット相撲大会では、「エンジニア精神5カ条」を制定しております。
大会出場選手ならびにその関係者は、ロボット競技会の参加にあたり以下の5箇条の遵守が義務付けられています。

エンジニア精神5箇条
  1.   常に安全に努め、フェアプレー精神で試合に臨もう。
      (安全第一、フェアプレー精神)
  2.   全ての参加者とその関係者仲間を敬い、思いやる気持ちを持とう。
      (豊かな心)
  3.   創意工夫と技術向上に挑戦しよう。
      (技術への挑戦)
  4.   大会を交流の場として仲間作りに努めよう。
      (人と人とのコミュニケーション)
  5.   次代を担う後輩たちに夢と希望を与えよう。
      (技術の伝承)

運営形態(2018年)

変更(青字部分)
大会委員長 富士ソフト株式会社 代表取締役 会長執行役員
野澤 宏
大会副委員長 富士ソフト株式会社 ロボット相撲大会事務局長
金井 健
大会委員 株式会社 人工知能ロボット研究所 代表取締役
西村 輝一
(公社)全国工業高等学校長協会 事務局長
山田 勝彦
株式会社 移動ロボット研究所 代表取締役
小栁 栄次
(公社)全国工業高等学校長協会 事務局次長
石井 末勝
富士ソフト企画株式会社 代表取締役社長
須藤 勝
(公社)全国工業高等学校長協会 事務局次長
鈴木 賢二
富山県立大学
小林 高志

矢印

大会事務局

事務局長 富士ソフト株式会社
金井 健
事務局次長 富士ソフト株式会社
北野 聡

審判部

審判部長 富士ソフト株式会社
千田 将尚

矢印

全日本ロボット相撲地区大会

主催 富士ソフト株式会社(全日本の部) 公益社団法人 全国工業高等学校長協会(高校生の部)
後援 文部科学省(予定) (一社)日本ロボット学会(予定)
開催都道府県教育委員会(予定) (一社)日本機械学会(予定)
(一社)日本ロボット工業会(予定) (一社)電気学会(予定)

矢印

高校生ロボット相撲全国大会

主催 公益社団法人 全国工業高等学校長協会
協賛 富士ソフト株式会社
後援 文部科学省(予定)
経済産業省(予定)
(公財)産業教育振興中央会(予定)
(一社)日本ロボット工業会(予定)
(一社)日本ロボット学会(予定)
(一社)日本機械学会(予定)
(一社)電気学会(予定)

全日本ロボット相撲全国大会

主催 富士ソフト株式会社
後援 文部科学省(予定)
(公社)全国工業高等学校長協会(予定)
(一社)日本ロボット工業会(予定)
(一社)日本ロボット学会(予定)
(一社)日本機械学会(予定)
(一社)電気学会(予定)