ニュース

creating new values

ニュース

2017年2月22日


コミュニケーションロボット「PALRO」のテクノロジーを「ATOM(アトム)」に供給
~講談社「ATOMプロジェクト」~

 富士ソフト株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:坂下 智保)は、自社プロダクトであるコミュニケーションロボット「PALRO」のテクノロジーを株式会社講談社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野間 省伸)がプロデュースする「ATOMプロジェクト」に供給することをお知らせします。

 講談社の「ATOMプロジェクト」は、来るべくAI時代に対応するため、日本の科学技術の象徴であり、長く愛され夢を与え続けてきた“日本を代表するロボット・キャラクター”「鉄腕アトム」を目指すものです。プロジェクト参加企業は、講談社をはじめ、株式会社手塚プロダクション(本社:東京都新宿区、代表取締役:松谷 孝征)、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘)、VAIO株式会社(本社:長野県安曇野市、代表取締役:大田 義実)、富士ソフトの5社。各社が強みを生かし、手塚治虫の「鉄腕アトム」をモデルにした、発話し二足歩行しクラウドで成長する「日本初の進化する本格的なキャラクター・ロボット」を開発し、“一家に一台”の進化する家庭用ロボットの普及を目指します。
 プロジェクト第一弾として、パートワーク※1「コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!」(販売:講談社、監修:手塚プロダクション)が4月4日(火)に創刊されます。本誌には、鉄腕アトムを元にモデリングしたロボット「ATOM」の部品が同梱されており、ユーザーが部品を組み上げることでコミュニケーションロボット「ATOM」が完成します。全70号が揃う2018年9月に「ATOM」が誕生します。





 富士ソフトは、自社プロダクトであるコミュニケーションロボット「PALRO(パルロ)」※2(別紙参照)で培ったテクノロジーとノウハウを基に、ATOM本体のロボティクス、搭載する人工知能、各種アプリケーションの設計開発を行いました。これに合わせて、ATOMとユーザーをつなぐサポートサイト「ATOMガーデン」のシステム構築も行います。
 PALROは、当社が約10年にわたり研究開発を行うAIとロボティクスの技術を結集させたロボットであり、目の前にいる人や環境を認識し、顔や名前、出来事など多くのことを学習して人と濃密なコミュニケーションを行うことができます。機械制御においては、ロボット工学に基づく全身の管理を自動的に行い、ロボット本体の重心と熱を管理し、自動的に姿勢の制御を行うことで、連続稼働の実現や転倒の抑制、動的安定歩行(人と同じ歩行の仕方)などが可能です。
 また、高いリアルタイム性を保ちながら綿密に各アクチュエーター(関節)が制御されるため、PALROの動きはとてもなめらかで人にとって違和感のない可愛らしい動作を実現していることも特徴です。
 ATOM開発では、当社がプロダクトリーダーを務め、部品の設計や調達も含む開発全体を主導しました。全ての専用デバイスを新規に開発しており、成型部品、アクチュエーター、メインボード、表示デバイス、回路基板等は全てATOM専用です。


【ATOM 仕様】 

サイズ/重量 身長 約44㎝/重量 約1400g
外装材質 ABS
可動部位 18軸(頭部2軸、腕部6軸、脚部10軸)
消費電流 最大46.8W
CPUボード 専用カスタムボード、Raspberry Pi 3(Model B)
入出力 カメラ×1(HD(92万画素))/マイク(モノラル)×1、スピーカー(モノラル)×1/
LED×2(両目7色)/スイッチ(電源、WPS)、タッチセンサー(静電式)/
6軸センサー/タッチパネル付き液晶ディスプレイ(2.4インチ)
インターフェース Wifi802.11 b/g/n(Raspberry Pi3に搭載)
Bluetooth4.1(Raspberry Pi3に搭載)
USB-A
電源コネクタ
電源 ACアダプタ(7.8V/6A)
内蔵バッテリー(リチウムイオン充電池(3.6V/5800mAh)

講談社「週刊アトムを作ろう!」オフィシャルサイト

別紙 コミュニケーションロボット「PALRO」について


以上

※1 パートワーク:テーマや分野を絞った事柄について定期的に分けて刊行する出版形式。週刊や隔週で発行されるものが多く、全部揃えると本格的に学べる書籍として完成する出版物のことを言います。

※2 PALROは富士ソフトの商標または登録商標です。




この件に関するお問い合わせ


■ニュースリリースについて
コーポレートコミュニケーション部
担当/久下・西元
TEL:050-3000-2735
FAX:03-5209-6085
E-MAIL:mkoho@fsi.co.jp



FSIニュースリリースフッター

カタログダウンロード お問い合わせ