Kubernetes製品群「VMware Tanzu」の実力を探る

アプリケーションのモダナイゼーションで注目されるコンテナのオーケストレーションツール「Kubernetes」は、クラウドネイティブの促進に多大なインパクトをもたらす反面、その導入や運用が複雑化することも少なくはありません。
本連載では、Kubernetesの導入や運用のハードルを下げるソリューションとして「VMware Tanzu」を取り上げ、Kubernetesの概要や、VMware Tanzuの世界観と価値について解説します。是非ご覧ください。












  山本 祥正
山本 祥正(Yoshimasa Yamamoto)
執行役員 ソリューション事業本部 副本部長

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。
組み込み機器を堅牢化する3つの考え方
column
セキュリティというと、「後付けのセキュリティ対策で守るもの」と思われがちですが、機器自体が堅牢であることが大前提です。機器の堅牢性だけでは守...