キャリア形成

人材育成

当社では日々発展するIT業界の中でイノベーション企業であり続けるため、トップクラスのスキルレベルを維持することを目的にさまざまな人材育成関連制度を導入しています。
充実した研修制度と豊富な教育コンテンツを用意すると共に、キャリアパスを明確化し、社員一人ひとりの能力を開発・発揮しやすい環境づくりに努めています。

キャリア形成と人事制度

※各ルートの社員のキャリアステップはこちらでご覧いただけます。

on-boarding

新しく入社したメンバーが、富士ソフトの社員として円滑に会社生活を送れるように、入社時期をサポートしています。

新卒採用社員向け研修

内定者学習

内定後、e-Learningを中心とした学習を行います。入社後に必要な最低限のスキルを養うことが可能です。また、内定者間の交流も図れます。

新入社員研修

入社後、1〜2か月程度の研修を実施します。「社会人研修」「技術研修」「営業研修」等、社会人として活躍するための基礎力を身に付けます。

フォローアップ研修

配属後、業務に慣れてきた11月頃に、社会人としての半年間を振り返り、仕事の進め方等をブラッシュアップします。

キャリア採用社員向け入社ガイダンス

入社日当日は、集合形式で入社ガイダンスを実施しています。会社の理念、組織、事業方針、制度の説明、社内システム操作など、富士ソフトの社員として、円滑に会社生活を送れるようにサポートしています。

※また、配属後は、新卒採用社員・キャリア採用社員が、 富士ソフトの社員として確実かつ早期に活躍できるよう、BS(Brother & Sister)員がサポートします。
(BS員とは、新入社員を約1年間、キャリア採用社員を約1か月マンツーマン的指導とサポートを行う社員であり、業務上のみならず総合的に援助します。)

各種研修

技術力の向上

技術研修

全社プロジェクトの技術の高度化のため、さまざまな研修を実施しています。
また、技術発表会、先行技術セミナーを随時開催しており、最新技術について知識を高める場を全社員に対して設けています。

[研修事例]

PM実践研修、技術見積研修、リスク管理研修、工数管理研修、実践的交渉スキルUP研修、コミュニケーション力強化研修、プレゼンテーション・説明スキルUP研修、ビジネスパートナー管理研修、一括請負プロジェクト実践研修、実践的トラブル対応力強化研修、品質分析実践研修 など

自己研鑽の促進と認定

社員の取得した資格に応じて一時金を支給する「自己啓発奨励」や、プロジェクトのマネジメント実績を基にPMとして認定し認定給を支給する「プロジェクトマネージャー認定制度」、専門スキルをスペシャリストとして認定し認定給を支給する「スペシャリスト認定制度」など、社員の技術力向上を促進する制度を充実させています。

職位別研修(ステップアップを目指し)

昇進・昇格者、昇格候補者に対して、職位別に研修を実施しています。
e-Learningや集合型研修を通し、コミュニケーション法やチームビルディング等について再考することで、社員が「そのポジションで期待されること、求められること」の理解を深め、新たな心構えで職務を遂行できるように動機付けを行います。

安心・安全な会社生活を送るために

社員一人ひとりが安心・安全に業務を行えるよう、労務教育、情報セキュリティ教育、コンプライアンス教育など必要な教育を毎年実施しています。

評価のフィードバック&キャリアのブラッシュアップ

社員へ評価のフィードバック面談を年に2回、定期的に実施しています。
面談では、上長より評価の開示・解説、業務に対する取組指導、問題点の指摘と改善策のアドバイスが行われると共に、社員自身の不満・相談・悩み事、今後のキャリア形成について話し合う場としています。

ページトップへ