Career Step

キャリア形成キャリアステップ紹介

PM

森谷 直樹 Naoki Moriya

ソリューション事業本部
インフォメーションビジネス事業部 法人システム部
プロフェッショナルPM
2008年入社

※部署名・役職は取材当時のものです。

現在の仕事

システム開発者の生産性・品質の向上を支援するため、プロジェクト管理ツールやCI/CDツールなどの構築・導入支援を担当。開発前にヒアリングを行い、アプリケーションの自動ビルド、自動テストを支援し、生産性・品質の向上に貢献しています。開発体制や利用する言語の異なる開発プロジェクトなど多くの支援をするため、幅広い知識が必要となります。しかし新しい技術に触れる機会が多く、エンジニアとしてやりがいのある仕事です。

現在の仕事観を形成した案件、出来事

入社間もない頃のことです、ミスで納品予定のモジュールをデグレードさせてしまいました。納品前に確認を行っていた先輩社員が問題を発見、叱責されるだろうと思っていたのですが、逆に先輩は今回の件が発生した原因の分析をしてくれ、是正策の検討などを私と一緒に取り組んでくれました。事故が発生する可能性はどんなときにもあります。そのことを前提に開発やリリースの仕組みを構築・改善していく姿勢に感動したのを今でも覚えています。当時の経験は、教訓として現在の仕事でも活かされ、ミスが起こりにくい仕組みづくりを意識して仕事に取り組んでいます。

キャリアステップ

2008年4月~
2009年8月

STEP1

入社

IT事業本部
インフラソリューション事業部
ミドルシステム部

新人研修後、認証系のシステムリプレイスを行う案件に参画。システム開発とテストを担当。テスト、障害対応、設計書の作成など開発における工程を経験することができ、システム開発のイロハを学ぶ。

2012年10月~
2014年4月

STEP2

リーダー

ソリューション事業本部
ソリューション技術部
Web基盤ソリューション技術グループ
リーダー

2つのプロジェクトリーダー(PL)として活動。PLとしての作業管理、リソース管理など管理業務を習得し、PM補佐を務めた。初めてPLとして活動した際、お客様から高い評価をいただけたことが大きな自信になった。

2015年10月~
現在

STEP3

プロフェッショナルPM

ソリューション事業本部
インフォメーションビジネス事業部
法人システム部
プロフェッショナルPM認定

プロジェクト管理システム、CI/CDツールの導入支援プロジェクトにPMとして参加。お客様との調整や体制の検討、プロジェクト管理など、マネジメントスキルを習得。最新技術を学びながら後輩社員の育成やチームを構築することの難しさと楽しさを経験中。

■PMのキャリアステップ

今後の目標、
目指すキャリア

経験を積み重ね、さらに大きなプロジェクトを高品質かつ高生産性でやり遂げたいです。また、社内の様々なプロジェクトの生産性・品質の向上に寄与したい。働き方改革を実現する中で、CI/CD、DevOpsといったキーワードはIT業界の中で、今注目を集めています。自身のスキルを活かすことが、会社の働き方改革に貢献することにつながり、その上で自身のキャリアアップも実現できれば嬉しいです。
PMは、アソシエイト→プロフェッショナル→エキスパート→プリンシパル→エグゼクティブといったステップがあります。私は今プロフェッショナルPMですので、1日でも早くエグゼクティブPMになれるように日々研鑽したいと思います。

ページトップへ