製品・ソリューション情報

資料請求・お問合せはこちら

FSDTV Mobile

FSDTV Mobile
区切り
FSDTV Mobile
『FSDTV Mobile』はデジタルテレビソフトウェアパッケージ「FSDTV Middleware for ARIB」をベースに、ワンセグ受信端末用に最適化した製品です。ワンセグ放送受信の基本機能を装備しているため、製品開発コスト・期間の圧縮に貢献するとともに、付加価値機能開発などへの開発資源のシフトを実現。激戦のワンセグ放送受信端末市場で、選ばれるための製品づくりを支援いたします。


モバイルテレビの可能性を追求するクロスプラットフォーム構造


モバイルテレビはワンセグのみではありません。ラジオ、音楽ダウンロード、データダウンロードなど、楽しみ方はさらに広がり、携帯できるエンターテインメントは進化し続けています。
富士ソフトでは、それらのご要望に応え、モバイルテレビの可能性を追求していく「クロスプラットフォーム構造」のもと、モバイルテレビの規格と、あらゆるプラットフォームに対応済み。さらに、エンターテインメント性を追求する数々のアプリケーション開発を進めています。

クロスプラットフォーム構造

クロスプラットフォーム構造の横軸では、放送規格の進化を示しています。
国内向けのワンセグ・3セグなど放送規格への対応と同時に、世界の放送規格開発をいち早く進めていきます。
モバイルテレビでは、楽しみ方も進化していきます。どこでもテレビが見られることから、5.1chで迫力ある音で楽しみたい、映画を見たい、過去のテレビを見たい、そしてモバイルならではの、外出先から家のリビングにあるコンテンツを見たい。。。クロスプラットフォーム構想の縦軸では、こうした楽しみ方の欲求をかなえていく進化の方向性を示しているのです。



■マルチユースな商品展開が可能

クロスプラットフォームの特長は、日本国内の場合は、これらの放送規格が、個別ではなく、組み合わせていくことも可能なマルチユース性です。
「FSDTV Mobile」ならば、ワンセグ受信機能に加えて、3セグ、12セグメントの地上デジタル放送まで受信できる、マルチユース性を商品にもたらすことが可能です。
マルチユースな商品展開が可能


特徴
アーキテクチャ
パッケージ仕様
 
※FSDTVは富士ソフトの登録商標です。
 





カタログダウンロード お問い合わせ