MENU
MENU

ニュース

creating new values

ニュース

2018年7月10日


「第30回全日本ロボット相撲大会」開催のお知らせ
~世界中のロボット力士が30回記念大会の横綱を目指す!~


 富士ソフト株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:坂下 智保)は、「第30回全日本ロボット相撲大会」を開催いたしますので、お知らせします。

 ロボット相撲は、参加者が自作したロボットを力士に見立て、技術とアイデアで相手を土俵から押し出す競技です。
 「全日本ロボット相撲大会」は、ロボット作りを通して『ものづくり』の楽しさを知ってもらう場を提供することを目的に1990年より開催し、今回で30回目を迎える国内最大規模のロボット競技大会です。
 全国6カ所で行われる地区大会に参戦する約1,000台の中から、勝ち進んだ128台(高校生の部64台、国内大会の部64台)が全国大会に進出します。全国大会の優勝者には文部科学大臣杯と文部科学大臣賞、高校生の部の優勝者には文部科学大臣賞が授与される予定です。
 9月1日(土)にパシフィコ横浜で行われる関東大会を皮切りに、全国各地で技術とアイデアを競う熱戦が繰り広げられます。

 今回から「全日本ロボット相撲大会」と「INTERNATIONAL ROBOT SUMO TOURNAMENT」を統合し、「全日本ロボット相撲全国大会(All Japan Robot SUMO Tournament Grand Final)」となります。12月15日(土)~16日(日)の2日間にわたり、日本国内の地区大会、海外の公認大会で勝ち上がった選手が集結し、相撲の聖地・国技館で世界一の横綱を決定します。

 

昨年の大会の様子


【開催概要】

■ スケジュール


 9月1日(土)   関東大会/パシフィコ横浜
 9月9日(日)   北海道・東北大会/日本大学工学部体育館(福島県)
 9月23日(日)   北信越・東海大会/三重県立松阪工業高等学校
 9月30日(日)   中国・四国大会/山口県立宇部工業高等学校
 10月14日(日) 近畿大会/大阪府立藤井寺工科高等学校
 10月21日(日) 九州大会/福岡工業大学
 11月23日(祝) 高校生全国大会/ビッグパレットふくしま(福島県)
 12月15日(土) 全国大会1日目(予選)/両国・国技館(東京都)
 12月16日(日) 全国大会2日目(決勝)/両国・国技館(東京都)

・各会場入場無料。どなたでも観戦頂けます。
・詳しくは http://www.fsi.co.jp/sumo/ をご参照ください。

■ 目的


生徒・学生ならびに社会人がロボット作りを通して技術の基礎・基本を習得し、研究意欲の向上と創造性発揮の場を提供し『ものづくり』の楽しさを知ることを目的としています。

■ 試合規則について


直径154cmの鉄製の土俵上で“ロボット力士”が勝負に挑む。土俵から落ちたら負けの三本勝負
部門 「高校生の部」は高等学校の生徒
   「全日本の部」は参加資格制限なし
種類  自動的に動くコンピュータプログラムを内蔵した「自立型」と、ラジコン操縦で動かす「ラジコン型」の2種類
規格  幅・奥行き20cm以内/高さ自由/重さ3kg以内

■ 全国大会進出台数


高校生大会 自立型・ラジコン型 各32台 合計64台
全国大会  自立型・ラジコン型 各106台 合計212台
     <全国大会出場数内訳>
     〔国内大会枠〕自立型・ラジコン型 各32台 合計 64台
     〔海外大会枠〕自立型・ラジコン型 各39台 合計 78台 ※海外大会 39大会の優勝チーム
     〔国代表枠〕 自立型・ラジコン型 各35台 合計 70台 ※海外大会開催国 35カ国の国代表チーム


■ 主催


富士ソフト株式会社、公益社団法人全国工業高等学校長協会


■ 後援


文部科学省、開催都道府県教育委員会、一般社団法人日本ロボット工業会、一般社団法人日本ロボット学会(予定)、
一般社団法人日本機械学会(予定)、一般社団法人電気学会


■ 大会委員


委員長

富士ソフト株式会社

代表取締役会長執行役員

野澤 宏


副委員長

富士ソフト株式会社

ロボット相撲大会事務局長

金井 健


委員

株式会社人工知能ロボット研究所

代表取締役

西村 輝一


株式会社移動ロボット研究所

代表取締役

小栁 栄次


富士ソフト企画株式会社

代表取締役社長

須藤 勝


富山県立大学

パステル工房

小林 高志


公益社団法人全国工業高等学校長協会

事務局長

山田 勝彦


公益社団法人全国工業高等学校長協会

事務局次長

石井 末勝


公益社団法人全国工業高等学校長協会

事務局次長

鈴木 賢二






以上



この件に関するお問い合わせ


コーポレートコミュニケーション部
担当/政木・西元
TEL:050-3000-2735
FAX:03-5209-6085
E-MAIL:mkoho@fsi.co.jp


FSIニュースリリースフッター