MENU

株主・投資家の皆様へ

creating new values

コーポレート・ガバナンス


コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社グループは「基本方針」に基づき、「ICTの発展をお客様価値向上へ結びつけるイノベーション企業グループ」を目指して活動してまいります。 下記の施策を推し進めることで、経営の健全性、効率性を確保するとともに経営の透明性を高めていくことによりコーポレート・ガバナンスの充実 を図り、経営環境の変化に迅速に対応できる組織体制の構築を図っております。

(1)業務執行責任の明確化、事業運営の効率化及びスピードアップ、取締役会をスリム化し意思決定の迅速化・経営監督機能強化を図るため、執行役員制度を導入しています。

(2)会社としての機関設計は監査役会設置会社を採用していますが、任意の機関として社外取締役も委員として参加する指名・報酬・倫理委員会 を設置し、取締役会に付議する重要事項を事前に審議しています。

(3)全ての社外役員は、東京証券取引所が定める独立役員の判断基準の要件を満たすとともに、社外の公正な立場から監督及び助言を行うこと ができ、かつ高い見識、出身分野における豊富な知識と経験をあわせ持っています。

く基本方針>
もっと社会に役立つ
もっとお客様に喜んでいただける
もっと地球に優しい企業グループ
そして「ゆとりとやりがい」


コーポレート・ガバナンスに関する報告書

コーポレート・ガバナンスに関する報告書[PDF]

2018年7月24日 コーポレート・ガバナンスに関する報告書[別ウィンドウ] [PDF:288KB]

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
右のアイコンをクリックして、Adobe社のサイトよりダウンロードしてください。

Adobe Reader

コーポレート・ガバナンス体制

業務執行、監査・監督、指名、報酬決定等の機能に係る事項(現状のコーポレートガバナンス体制の概要)
当社は監査役会設置会社であり、法令に定められている株主総会、取締役会及び監査役会を設置しています。
取締役会は、東京証券取引所の定めに基づく独立役員に指定している社外取締役2名を含む9名で構成され、また、社外監査役2名(うち1名は独立役員)を含む監査役4名も出席し、毎月1回定例に、必要に応じて臨時に開催されており、法令に定められた事項のほか経営に関する重要議案について全て決議しています。
取締役会の定める経営方針に基づく、重要な業務執行に係る事項の審議機関として、取締役・常勤監査役・執行役員が出席する経営会議 (月2回または必要に応じて臨時に開催)を設けています。
また経営会議の審議に資するため、目的別に戦略会議や全社連絡会議を設け、十分な協議・調整等をしています。
特定事項について、目的別にCSR推進委員会、内部統制委員会、リスク・コンプライアンス委員会、委賞及び懲罰委員会等を設け、それぞれの所管事項を審議・調整等しています。
その他、執行役員制度を導入し、取締役会の戦略決定及び業務監督機能と執行役員の業務執行機能の分離を明確にするとともに、主要な業務部門には、業務に習熟した執行役員を責任者として配し、迅速な業務執行を図っています。



コーポレートガバナンス・コードの各原則に基づく開示

政策保有株式【原則1-4】


関連当事者間の取引【原則1-7】


情報開示の充実【原則3-1】

取締役会から業務執行を担当する役員に対する判断・決定の委任の範囲【補充原則4-1-1】

独立社外取締役の有効活用【原則4-8】

独立社外取締役の独立性基準及び資質【原則4-9】

取締役の選任に関する方針・手続き【補充原則4-11-1】

取締役・監査役の他の上場会社役員の兼務【補充原則4-11-2】

取締役会全体の実効性についての分析・評価【補充原則4-11-3】

取締役・監査役のトレーニング【補充原則4-14-2】

株主との建設的な対話に関する方針【原則5-1】