MENU
MENU

イベント情報

creating new values

VMware Evolve カンファレンス 2018 (VMware社主催)

VMware Evolve カンファレンス 2018 イベント出展のご案内

この度、富士ソフト株式会社(本社/神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員/坂下智保)は、『VMware Evolve カンファレンス 2018』に出展いたします。
本イベントでは「仮想デスクトップ導入の最適解」をテーマに据え、近年注目度が高まっているHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)を活用した”ワンランク上の運用管理”を展示・講演にてご紹介します。 展示コーナーでは上記に加えいよいよ2018年内にサービス開始予定の『VMware Cloud on AWS』に関して、サービス概要や導入によるメリットをご紹介します。
仮想デスクトップを効率的に運用したい、仮想環境をクラウド移行したいというIT担当者の方は必見です!
皆様のご来場を心よりお待ちしております。


 

 

<イベント開催概要>

開催日時:2018年5月16日(水)

会場:ANAインターコンチネンタルホテル東京

入場無料/事前登録制

 
   ブース概要
  ・HCIを活用した仮想デスクトップ導入の最適解
・2018年内にサービス開始!話題のVMware Cloud on AWSをご紹介
 

仮想デスクトップ検討の際、HorizonやNSXの導入によりセキュリティ対策やシステム管理性の向上が期待されることは既に多くの方にとって周知の事実です。更に上級の管理性を目指すならばシステム基盤をHCI(Hyper Converged Infrastructure)へ移行するという選択肢が注目されています。 導入へのリードタイム短縮やアップデート対応など、システム管理者への劇的な負荷低減が期待できます。過去の導入事例から、仮想デスクトップの運用メリットやHCIによる負荷低減をご紹介します。
またいよいよ2018年内に日本国内でのサービス開始が予定されている話題の新サービス「VMware Cloud on AWS」に関して、サービス概要や導入で期待されるメリットをご紹介します。

 

 

※ブース位置は下の画像、赤枠の場所です。

 
  【セッション】 14:15~14:45

※事前登録制。満席が予想されますのでお早めにご登録ください。

 

管理者の負荷を劇的低減!!仮想デスクトップ導入の最適解

  ~事例から学ぶワンランク上の運用管理~



 

仮想デスクトップ検討の際、HorizonやNSXの導入によりセキュリティ対策やシステム管理性の向上が期待されることは既に多くの方にとって周知の事実です。更に上級の管理性を目指すならばシステム基盤をHCI(Hyper Converged Infrastructure)へ移行するという選択肢が注目されています。 導入へのリードタイム短縮やアップデート対応など、システム管理者への劇的な負荷低減が期待できます。
本セッションでは具体的な過去の導入事例から、仮想デスクトップの運用メリットやHCIによる負荷低減をご紹介します。

 
  【vSAN特別企画展示】
 

当社ブースとは別に、ストレージ仮想化ソフトウェア「VMware vSAN」をご紹介する特設展示ブースもご用意しております。
当社の導入事例からvSAN(HCI)導入のメリットをご紹介します。

 

 
 

【関連サービスのご紹介】

 
 

「vExpert」を始めとする仮想化のプロ集団が、お客様のビジネス課題解決をサポートします。


※VMwareおよびVMwareロゴは、VMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。


お問い合わせ
  

■セッション・ブースに関するお問い合わせ
富士ソフト株式会社
営業本部 クラウド&ソリューション事業部
プラットフォームソリューション営業部 VMware営業グループ
Tel:050-3000-2100
E-mail:CSVM_SALES@fsi.co.jp