MENU

製品・ソリューション情報

クラウドインテグレーションサービス
資料請求・お問合せはこちら

Googleカレンダー

Google カレンダーでは各種スケジュールをメンバー全員と共有することができます。

たとえば、こんなこともできます。
  • 会議や予定の案内を参加者に送信して、出欠の返信を確認する。(参加者は Googleカレンダーのユーザーでなくても大丈夫です)
  • 特定の人を選択して、カレンダーや個々の予定情報を共有する。
  • 組織やグループのメンバー全員を表示、編集できる共有カレンダーを作成する。
  • 誰でも閲覧できるカレンダーをネット上に一般公開する。
  • ドメイン内部または一般の外部サイトにカレンダーを埋め込む。

Google カレンダーと Gmail を統合することで、Google カレンダーをさらに活用できます。

たとえば、こんなこともできます。
  • カレンダーでGmailの連絡先リストを使用できるため、ミーティングなどの予定にすばやく簡単に招待できます。
  • Gmail で予定の招待メッセージを受信した場合は、 Google カレンダーの予定の抜粋を確認して、ワンクリックで出欠を連絡することができます。
主な特長
共有機能
ユーザーを会議に招待して出欠を確認する、特定のユーザーとカレンダー全体を共有する、予定情報を一般に外部公開するなどの機能があります。
操作しやすい画面
ドラッグ アンド ドロップでデスクトップ アプリケーションのように操作できます。
Gmail と同期した連絡先リスト
Google カレンダーの連絡先リストは Gmail と同期しているので、Gmail でメールをやりとりしたことのあるユーザーのアドレスはカレンダーにも表示されます。
Gmail との統合
届いた会議のリクエストや招待状を Gmail で確認したり、受信ボックスから出欠を連絡できます。
会議室や施設の予約
ユーザーは自分のカレンダーから会議室や施設、設備を予約できます。
モバイルでのアクセス
携帯電話のインターネットブラウザでカレンダーを表示できます。
セキュリティとプライバシー
アクセス権はカレンダーの所有者が指定できます。閲覧権限、編集権限、ネットへの公開など、各自で適切なアクセス レベルを選択できます。
他のカレンダーとの統合
データ API を使用すると、既存のカレンダー システムからGoogle カレンダーへの移行がスムーズになります。また、クライアント アプリケーションを使用してカレンダー機能にアクセスすることも可能です。
オープン スタンダード
他の形式のカレンダーをインポートしたり、広く使用されている iCal 形式でカレンダーを共有できます。
対応ブラウザ
Microsoft Internet Explorer、Mozilla Firefox、Safari、Google Chrome などに対応しています。

サービス紹介ビデオ

Googleカレンダーサービスを動画で紹介しております。
実際にカレンダーを使用した説明や、Android 搭載ケータイを使用したカレンダーサービスのご利用方法など説明しておりますので、是非ご覧ください。

Googleカレンダーサービスの紹介