MENU

製品・ソリューション情報

資料請求・お問合せはこちら

FSDTV Middleware for IPTV(アーキテクチャ)

 
『FSDTV Middleware for IPTV』は下記のソフトウェア構成にてご提供いたします。システムポーティングラッパーに関しましては、『FSDTV Middleware for IPTV』が実際に動作するOS/ハードウェアに合わせてポーティングおよびカスタマイズが必要となります。
 
「FSDTV Middleware For ARIB」ソフトウェア構成図
 
■ 『FSDTV Middleware for IPTV』ソフトウェア構成図のブロック説明
線
1 選局ライブラリ
本モジュールは主機能として選局制御、チャンネルスキャン制御を行うモジュールです。
線
2 AVライブラリ
本モジュールはVideo-Audioデコード制御、内蔵音再生、Video-Audio出力制御を行うモジュールです。
線
3 PSI/SIライブラリ
本モジュールはPSIセクション(PAT、PMT、NIT)、SIセクション(BIT、SDT、EIT、NBIT、LDT)の受信制御を行うモジュールです。
空き
○PSIセクション受信制御機能
○SIセクション受信制御機能
線
4 PESライブラリ
本モジュールは字幕・文字スーパーを表示する際に必要な独立PES(映像PES、音声PESは除く)の受信制御を行うモジュールです。
空き
○独立PES受信制御機能
線
5 Downloadライブラリ
本モジュールは放送コンテンツ表示に必要なコンテンツ情報やソフトウェアダウンロード、全受信機共通情報を取得する際に必要なDSMCCの受信制御を行うモジュールです。
空き
○SW/全機種共通情報DL制御
○SW/全機種共通情報DL情報取得
○DII、DDB受信制御
○DII、DDB受信情報取得
線
6 DRMライブラリ
Mainライブラリ(他社提供)との連携により、以下のCAS/DRM機能を有するライブラリです。
空き
○デスクランブル制御
○ライセンス制御
○CRL取得制御
○CAS/DRMサーバ通信制御
○時刻制御
線
7 システムポーティングラッパー
本ラッパーはOS/ハードウェアに関する依存関係を吸収しているライブラリ群です。OS/ハードウェアにあわせて移植する必要があります。
線
■ 『FSDTV Middleware for IPTV』のモジュール構造について
『FSDTV Middleware for IPTV』は、各機能モジュールへの機能提供は全てAPIとしてご提供いたします。

※FSDTVは富士ソフトの登録商標です。