MENU

セミナー情報

creating new values

富士ソフトセキュリティセミナー 突然起きたなりすまし被害!


突然起きるQRコード決済サービスの不正利用やECサイト、会員制Webサイトへの不正アクセス、不正ログイン。
知らないではすまされない昨今のなりすまし被害(QRコード決済不正利用、クレジットカードの不正購入、Webサイトへの不正アクセス等)の対策のポイントは、2段階認証含めた多要素認証をサービス利用者のユーザービリティを損なわず実現すること。
その実現方法をデモンストレーション含めてご紹介します。

開催日時

2019年9月11日(水) 東京 秋葉原


14:30~17:00(受付開始 14:00)


プログラム概要

セッション1
14:30~14:55

急増するなりすまし被害 傾向と対策
昨今のスマートフォンを使用したQRコード決済サービスの不正利用やオンライン上でのクレジットカード不正利用、会員制Webサイトの不正ログインといったなりすまし被害の現状と対策をご紹介いたします。
富士ソフト株式会社
セキュリティ事業推進部 セキュリティ研究室 室長
渡辺 露文

セッション2
14:55~15:15

多要素認証におけるデジタルアイデンティティの利用 SMSを活用した2段階認証をはじめとした多要素認証の手法において重要な観点となるデジタルアイデンティティの考え方を解説いたします。
富士ソフト株式会社
金融事業本部 金融DX営業部
ビジネスデザイン室 室長
小川 剛弘

休憩(10分)
セッション3
15:25~15:45
エストニア製生体認証ソリューション「KEYSTROKE DNA」ご紹介 富士ソフトのサイト構築・運用におけるノウハウから、特別な生体認証機器を必要とせずJavaで実現でき簡易に導入可能なエストニア発生体認証ソリューション「KEYSTORKE DNA」をデモンストレーション含めてご紹介いたします。
富士ソフト株式会社
ソリューション事業本部 インフォメーションビジネス事業部
ネットビジネス部 第1技術グループ 主任
川相 剛之

セッション4
15:45~16:30
次世代型不正検知ソリューション ThreatMetrixのご紹介 なりすまし対策としてセキュリティ強度をあげながら、Webサイト訪問者のユーザービリティを損なわないソリューション「ThreatMetrix(スレットメトリックス)」をデモンストレーション含めてご紹介いたします。
富士ソフト株式会社
営業本部 クラウドアンドソリューション事業部
セキュリティビジネス推進室 リーダー
宮崎 弘道


質疑応答/個別相談会(30分)

    
会場 富士ソフト アキバプラザ(東京 秋葉原)
(〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3)
>>地図はこちら
交通

JR 秋葉原駅 中央改札口より徒歩2分
つくばエクスプレス線 秋葉原駅 A3出口より徒歩1分
東京メトロ日比谷線 秋葉原駅  2番出口より徒歩3分
東京メトロ銀座線 末広町駅 1番出口より徒歩6分

参加費

無料(事前登録制)

定員

20名

対象 システム部門・ecサイト担当部門・電子決済サービス担当部門 ご担当者様、経営者様

※法人の方を対象とさせていただきます。
 また、座席に限りがあるため、同業の方、学生の方のお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。
 予めご了承くださいますよう、お願いいたします。
関連サービス
お問合せ 富士ソフト株式会社
クラウド&ソリューション事業部 セキュリティビジネス推進室
TEL:050-3000-2100
E-mail: sec-info@fsi.co.jp