MENU
MENU

富士ソフトの新型コロナウイルスに関する対応について



 新型コロナウイルスによる感染症に罹患された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。富士ソフト株式会社は、社員および関係先の皆様の安全を第一に考え、新型コロナウイルス感染拡大の1日も早い収束に向けて在宅勤務を徹底するとともに、ICTの力でお客様の事業継続に貢献できるよう取り組んでまいります。

 ・富士ソフト、緊急事態宣言に対応、ロックダウンを視野に入れた全社在宅リハーサルで事業継続を確認 2020年4月7日


感染状況について

 ・新型コロナウイルスの感染者発生について(結果報告) 2020年3月26日
 ・新型コロナウイルスの感染者発生について(経過報告) 2020年3月19日
 ・新型コロナウイルスの感染者発生について 2020年3月12日


富士ソフトの取り組み

 ・ロボット相撲大会およびロボットアメリカンフットボール大会中止のお知らせ 2020年5月12日
 ・在宅勤務による社員の負担を軽減する「在宅勤務準備金・奨励金」制度を導入 2020年4月20日
 ・富士ソフト、株主総会に「インターネット出席」を導入 2020年3月13日
 ・新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対策について 2020年2月18日


関連サービス

 ・富士ソフト、テレワーク支援システム(moreNOTE)を新型コロナウイルス対策用として無償提供 2020年2月27日
 ・富士ソフトのBCP対策サービス


コラム

 ・《テレワーク実践ノウハウ》テレワークに適したデバイスとコミュケーションツールで生産性を維持した業務継続を!
 ・新型コロナウイルス対策でわかった、全社員8,000人へテレワークを推奨できることの重要性